2014年09月10日 12時00分 公開
特集/連載

“ラスボス”Amazonに斬り込むMicrosoftとGoogleの「魔法の剣」とは?“クラウド三国志”の行方を占う

クラウド市場をめぐる戦いの第1ラウンドにおいて、米Amazonは優位な立場を確立している。米Microsoftと米Googleが勢力を拡大する中、AWSは今後もその地位を維持することができるか。

[David S. Linthicum,TechTarget]

 クラウドの分野では、さまざまな進化が見られる。そのため、クラウド黎明期のことは忘れられがちだ。クラウドサービスプロバイダーは、おのおの拡大を目指し、市場の覇権を巡って争っている。「Amazon Web Services」(以下、AWS)はクラウド市場で首位の座に君臨し、一人勝ちの状態だ。だが、MicrosoftやGoogleをはじめとする他のクラウドサービスプロバイダーは、Amazonを首位の座から引きずり降ろす機会を虎視眈々と狙っている。

市場はまだ十分に大きい

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...