2015年12月16日 12時00分 公開
特集/連載

クラウドの仕事で高給を得るためのヒント、Top 5PaaSのプロになれば年俸10万ドルも夢じゃない

企業システムにおけるクラウドの需要が高まるにつれ、ベンダー、ユーザー企業の両方で雇用機会も増大している。身に付けておくと市場価値の高いスキルとは? 上位5つを紹介する。

[Kathleen Casey,TechTarget]
Cloud Foundryの構成(参考:注目のPaaSを一挙に紹介! 〜Cloud Foundry、OpenShift、Herokuなど)《クリックで拡大》

 クラウドコンピューティングを利用する企業があまりに多いことで、雇用機会の増加が続いている。クラウドのキャリアを発展させるためのヒント、2015年のトップ5を振り返ってみよう。

 クラウドが進化し発展するにつれ、企業は重荷となるデータセンターを放棄することを望む。そしてクラウドに頼る企業があまりに多いことで、毎日新しい雇用が創出されている。しかし新しいクラウド技術が出現する中、その変化に遅れずについて行き、必要なスキルを獲得できる社員を見つけることは容易でない。

 需要のある仕事には、クラウド管理者、クラウド技術者、DevOpsチームメンバーがある。企業が興味を引く転職希望者になるためには、そしてクラウド関係のキャリアを次のレベルに高めるためには、コンテナやオープンソースプラットフォームといった新たに出現した技術を習熟することが非常に重要だ。これらのスキルを学ぶことができる認定プログラムの習得は、履歴書上でも注目を浴びるだろう。

 夢であるクラウドの仕事を手に入れるための2015年のヒント、トップ5を振り返ろう。

1.企業においてキーとなるDevOpsの役割とは

ITmedia マーケティング新着記事

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...