2015年10月28日 12時00分 公開
特集/連載

IT部門“30年選手”がクラウドを受け入れる日年齢にとらわれず、有能であり続けるために

従来型のIT担当者は、生き残るためにビジネスの大局とクラウドの利点を理解すべきだ。ビジネスの全体像を理解し、自己変革を行うことで、歳をとっても役に立つ人材でいることができるだろう。

[Bob Plankers,TechTarget]
業務アプリケーションにクラウドを使う理由(参照:広がる業務アプリのクラウド活用、その実態は?)《クリックで拡大》

 筆者のことを若いと思う方が多いかもしれないが、もう決して若くはない。子どものころに親から言われたことが分かる年齢になったとだけ言っておこう。ITの良い点は年齢に関係ないところだと思う。退職間近い従来型IT担当者の中にも、DevOpsの人々に何か教授できる人はいるし、筆者より若いITマネジャーやコンサルタントにも、頭脳明晰でMBA(経営学修士)などの資格を有し、大いに成功している人もいる。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...