2013年04月09日 08時00分 公開
特集/連載

IT部門がSaaSではなくIaaSを使うべき理由真の脅威はSaaS

IT部門の多くはIaaSプロバイダーを使うことに恐怖を抱く。だがIaaSは本当に、企業のIT部門を脅かす存在なのか。

[Alastair Cooke,TechTarget]

 開発者は寿命の短い仮想マシンを常に迅速に導入する必要がある。IT部門がこの需要を満たせないのなら、別の選択肢を考えるべきかもしれない。現在はIaaS(Infrastructure as a Service)にさまざまな選択肢があり、開発者のニーズを満たすことが可能だ。だがIT部門の多くはIaaSプロバイダーを使うことに恐怖を抱く。IaaSは本当に、企業のIT部門を脅かす存在なのか。

IaaSプロバイダーが提供するもの

 IaaSの調達はITの世界の一部だ。通常はPCやソフトウェアを調達する人が担当する。IaaSプロバイダーを利用するということは、単にITに関する意思決定が1つ増えるということだ。すなわちコンピュータハードウェアを購入するか、それとも他社のハードウェアを使うかを選択する。IaaSベースの仮想マシン(VM)に必要なメンテナンスとモニターは、社内のVMを運用する場合と変わらない。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。