Windowsアプリをモバイルで使いやすくする「hopTo」とは?キーボードショートカットを利用

「hopTo」のモバイル向けリモートデスクトップ機能「Mobile App eXperience(MAX)」は、シンプルなキーボードショットカットを使用してWindowsアプリのモバイル対応を可能にした。

2016年03月14日 15時00分 公開
[Gabe KnuthTechTarget]
hopToのWebサイト《クリックで拡大》

 モバイルユーザーが気に入るリモートデスクトップクライアントを探すことは、デスクトップ仮想化に関する新たな問題の1つになるだろう。あるベンダーが採用したキーボードショートカットを使用して、タッチスクリーンにおけるWindowsアプリケーションの操作性を向上する方法は、この問題の解となるかもしれない。

 多くの企業は従来のWindowsアプリケーションをモバイルデバイスで使用できるようにする必要に迫られている。その1つにアプリケーションのリファクタリングという方法がある。この方法では、コードを変更することなく任意のWindowsアプリケーションを瞬時にモバイルアプリに変換できる。ただし、モバイルアプリ用のユーザーインタフェース(UI)をゼロから再設計しなければならない。アプリケーションによっては、その作業に時間がかかる可能性もある。

異なるリモートデスクトップクライアントのアプローチ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...