2016年03月14日 15時00分 公開
特集/連載

Windowsアプリをモバイルで使いやすくする「hopTo」とは?キーボードショートカットを利用

「hopTo」のモバイル向けリモートデスクトップ機能「Mobile App eXperience(MAX)」は、シンプルなキーボードショットカットを使用してWindowsアプリのモバイル対応を可能にした。

[Gabe Knuth,TechTarget]
hopToのWebサイト《クリックで拡大》

 モバイルユーザーが気に入るリモートデスクトップクライアントを探すことは、デスクトップ仮想化に関する新たな問題の1つになるだろう。あるベンダーが採用したキーボードショートカットを使用して、タッチスクリーンにおけるWindowsアプリケーションの操作性を向上する方法は、この問題の解となるかもしれない。

 多くの企業は従来のWindowsアプリケーションをモバイルデバイスで使用できるようにする必要に迫られている。その1つにアプリケーションのリファクタリングという方法がある。この方法では、コードを変更することなく任意のWindowsアプリケーションを瞬時にモバイルアプリに変換できる。ただし、モバイルアプリ用のユーザーインタフェース(UI)をゼロから再設計しなければならない。アプリケーションによっては、その作業に時間がかかる可能性もある。

異なるリモートデスクトップクライアントのアプローチ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...