Windowsアプリをモバイルで使いやすくする「hopTo」とは?キーボードショートカットを利用

「hopTo」のモバイル向けリモートデスクトップ機能「Mobile App eXperience(MAX)」は、シンプルなキーボードショットカットを使用してWindowsアプリのモバイル対応を可能にした。

2016年03月14日 15時00分 公開
[Gabe KnuthTechTarget]
hopToのWebサイト《クリックで拡大》

 モバイルユーザーが気に入るリモートデスクトップクライアントを探すことは、デスクトップ仮想化に関する新たな問題の1つになるだろう。あるベンダーが採用したキーボードショートカットを使用して、タッチスクリーンにおけるWindowsアプリケーションの操作性を向上する方法は、この問題の解となるかもしれない。

 多くの企業は従来のWindowsアプリケーションをモバイルデバイスで使用できるようにする必要に迫られている。その1つにアプリケーションのリファクタリングという方法がある。この方法では、コードを変更することなく任意のWindowsアプリケーションを瞬時にモバイルアプリに変換できる。ただし、モバイルアプリ用のユーザーインタフェース(UI)をゼロから再設計しなければならない。アプリケーションによっては、その作業に時間がかかる可能性もある。

異なるリモートデスクトップクライアントのアプローチ

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...