徹底レビュー:あらゆる面で最高級の「ThinkPad X1 Yoga」に納得できるのは誰?その価格に見合った価値はあるのか(2/5 ページ)

2016年04月30日 07時00分 公開
[Charles P JefferiesTechTarget]

本体搭載インタフェース

 ThinkPad X1 Yogaはその薄さが故に旧式のインタフェースを本体に搭載していない。これには、アナログRGBや有線LANも含まれる。このようなインタフェースが必要な場合は、Lenovoの「ThinkPad OneLink+ドック」または「ThinkPad Stack」アクセサリーを購入しなければならない。OneLink+ドックは、本体左側面にある専用インタフェースに接続する。なお、ハイエンドモデル「ThinkPad T」シリーズのように、装着型のドックソリューションはサポートしていない。また、最新のUSB Type-Cも搭載していない。3基あるType-A USB 3.0のどれか1つがUSB Type-Cでも問題はなかったはずだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。