2016年11月09日 15時00分 公開
特集/連載

「Google Chrome」でCertificate Transparency準拠が必須に、何が変わる?Webサイト証明書の安全性検証に新対策

GoogleのWebブラウザ「Google Chrome」では、公的に信頼されるWebサイト証明書の安全性検証にCertificate Transparency(証明書の透明性)への準拠が必須となる。

[Peter Loshin,TechTarget]

 GoogleのWebブラウザ「Google Chrome」では、2017年10月以降発行のWebサイト証明書について、Google ChromeのCertificate Transparencyポリシーに準拠している場合のみ信頼できるものと見なすことになる。

 Google Chromeチームは、CA/Browserフォーラムの第39回ミーティングでこの決定を発表した。詳細は、Googleのソフトウェアエンジニア、ライアン・スリービ氏がCertificate Transparencyポリシーのメーリングリスト宛に送信したメールで公開された。

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...