2016年11月16日 15時15分 UPDATE
特集/連載

クラウドやコラボレーションの役割に変化かユーザーが注目、Microsoftに買収されたLinkedInの次のアクションは?

MicrosoftのLinkedIn買収で、どのようなクラウドアプローチが登場することになるのか。それはマイクロサービスに近いモデルで、従業員のニーズに合わせてもっとパーソナライズしたものになるだろう。

[Tom Nolle,TechTarget]
Microsoftが262億ドルで買収した「LinkedIn」《クリックで拡大》

 従来のITアプリケーションは、特定の作業を目的とするか、個々の従業員を対象とするものだった。「LinkedIn」がサポートするようなソーシャルメディアコラボレーションは違う。このモデルでは、従業員が1つの共通フレームワークの中でアプリケーションや他の従業員と共同作業を行う。では、こうしたモデルにおいてクラウドはどのような役割を果たすことになるのか。

 その答えは、2016年中に完了する見通しのMicrosoftのLinkedIn買収でより明確になるだろう。

新しいITアプリケーション観

ITmedia マーケティング新着記事

news038.jpg

PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290...

news117.jpg

Criteoがモバイルアプリ広告事業を強化、新規獲得と既存顧客活性化のためにできること
インストール、リエンゲージメント、ダイナミックリターゲティングで、Criteoが企業のモ...

news032.jpg

日本の消費者はサブスクリプションにどれだけ前向きか――Zuora調べ
Zuoraが実施した世界のサブスクリプションビジネスの実態調査です。