2017年04月05日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」の“共有PCモード”とは? 意外に便利な機能を紹介まずは小規模環境でお試し

「Windows 10 Anniversary Update」は、複数ユーザーがPCを一時利用する環境を前提とした“共有PC”を作るモードを新たに導入した。公共施設や企業の共用スペースといったシーンで活躍するかもしれない。

[Robert Sheldon,TechTarget]
Windows 10 Anniversary Update Windows 10には、把握すべき新機能がたくさんある《クリックで拡大》

 「Windows 10」の共有PCモードは、特定のタイプのワーカーにとって便利な機能だ。IT管理者はこの新機能をよく理解しておく必要がある。

 共有PCモードは、「Windows 10 Anniversary Update」(Windows 10バージョン1607)で搭載された。管理者はこの構成オプションにより、複数ユーザーによるアクセスを想定して社内のPCをセットアップできる。例えば、IT部門は、顧客や臨時従業員が共有PCを使えるようにするために、このオプションを活用できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...