2017年07月06日 05時00分 公開
特集/連載

OpenStackのネットワークを支える「Neutron」と「Dragonflow」の役割とは?仮想ネットワーク実現の仕組み

OpenStackコミュニティーはソフトウェア定義ネットワーク(SDN)機能の開発を進めている。そのコンポーネントである「Neutron」と「Dragonflow」は、どのような役割を果たすのだろうか。

[Jim O'Reilly,TechTarget]

 プライベートクラウド構築ソフトウェア「OpenStack」のネットワーク機能は急速に進化している。新しいスイッチやサービスオプションが次々に登場しており、例えばOpenStackのコアネットワークコンポーネントである「Neutron」は、標準化した交換可能モデルを目指して進化し続けている。これを利用すると、仮想ネットワークの機能を動的につなぎ合わせてカスタマイズしたサービスを提供する「サービスチェイニング」などの高度なネットワーク運用を簡素化できる。

 Neutronはネットワーク機能仮想化(NFV)を使用して、物理ネットワークにネットワーク抽象化層を作成する。Neutronではオーバーレイネットワークというカプセル化プロトコルが利用できる。オーバーレイ方式はネットワーク構成の自由度が高まるが、高い演算処理能力を必要とする。

 Neutronが使用するネットワークノードは大規模展開におけるボトルネックになるため、OpenStackコミュニティーはこれを解消する「Dragonflow」というサブモジュールを導入した。このSDNコントローラーはOpenStackクラスタの分散仮想ルーターの役割を果たす。DragonflowによるNeutronコードへの影響はわずかだが、これによってスケーラビリティとスピードが向上し、管理が簡単になる。その柔軟なアーキテクチャにより、拡張/縮小するクラスタの仮想LANに対応する。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...