2017年09月21日 05時00分 公開
特集/連載

“社長ブロック”をどう避ける? HCI導入稟議を通す3つのヒント「高い」の一言で製品選定やり直し

HCI製品を選定していても結局、経営層の“高い”その一言で片付けられていないだろうか。コスト削減効果とHCIベンダーが発表した新サービスで、そんな経営層にも響く3つの説得材料を紹介する。

[Paul Korzeniowski,TechTarget]
画像 高いからダメ、にちょっと待った

 デジタル化、ビジネスディスラプション(ビジネスの創造的破壊)、市場変革などはIT業界で広く使われている言葉(バズワード)だ。だが、こうしたバズワードの裏にあるのは、コンピュータリソースの構築と運用を迅速にするという単純な目標だ。

 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)を利用すれは、IT部門はこの目標に近づくことができる。だが、高額な初期費用と組織内の障壁がHCIによる企業躍進の妨げになることが多い。特にHCI製品への投資を経営幹部に促すのは容易なことではない。そのためには、強力な投資対効果の検討書を用意することが重要になる。本稿では、経営幹部とのHCIに関する議論に含めるべき3つの具体的項目について説明する。

スケーラビリティによる費用対効果

 数年〜数十年前に開発され、技術刷新が必要になった旧式システム(レガシーシステム)は限られた処理量をサポートするように構築されてきた。そのため、業務規模を変えるのは簡単なことではない。稼働するシステムが増え、既存のシステムに合わなくなる程に業務が成長したら、フォークリフトアップグレード方式(ハードウェアとソフトウェアをまとめて置き換える方式)で新たなシステムを導入しなければならなかった。

 HCI製品により、こうした業務規模変換が容易になる。システム一式を別のものに交換するよりも、必要に応じてサーバ、ストレージ、ネットワークなど、処理能力を段階的に増やすことができる方が望ましい。

 レガシーシステムのソフトウェアは、基盤となるハードウェアと密接に結び付いている。そのため、システム構成を変えるのは、複雑かつ時間を要する作業だ。IT担当者は、ここ数年急速に性能が向上し、同時に複雑さも増したサーバ、システム、ネットワークなど、さまざまなオプションに個別に手を加えなければならない。

 HCI製品は、管理者が迅速かつ簡単にサーバ、ストレージ、ネットワークなどのリソースを追加して稼働できるように設計されている。仮想化によって、システムソフトウェアに抽象化レイヤー(複雑な機能を抽象化して管理しやすくした仕組み)が追加されることで、システムのハードウェアとソフトウェアとの結び付きが緩やかになる。現在は、サーバのCPUなど、1つの要素を変更しても、管理者がOSやアプリケーションなどの要素まで変更する必要はなくなっている。こうした進化によって、企業は以前よりもずっと簡単に、インフラの処理能力を向上できるようになった。

 経営幹部にHCI製品への投資を提案する際は、レガシーシステムの複雑な構成手順やスケーラビリティ(拡張性)の問題を取り除くことで、IT部門の時間とコストを節約できること強調すべきだ。

自動化による費用対効果

ITmedia マーケティング新着記事

news169.png

ECサイトのライブコマース連携を簡単に 「MakeShopエンタープライズプラン」が「ライコマ」と連携
「MakeShopエンタープライズプラン」を利用するEC事業者は、初期開発費用不要で「ライコ...

news121.jpg

金融デジタルサービス利用実態、世代間で異なる重視ポイント――アドビ調査
金融デジタルサービスの利用においては利便性を重視するデジタルネイティブに対し、50代...

news034.jpg

戦略の実行 愚直に施策を積み上げ、高速PDCAを回し続ける
強いリーダーシップの下で課題をしっかりと把握し、戦略を策定したら、いよいよその実行...