2018年04月06日 09時00分 公開
特集/連載

NVMe SSDへ移行しストレージの世代交代を進めるには?既存システムのCPUがボトルネックになることも

高性能SSDインタフェースを取り入れるには、入念な計画が必要だ。NVMe(Non-Volatile Memory Express)技術の進化に伴い、どうすれば容易に移行できるかが模索されている。

[John Edwards,TechTarget]
画像 移行の落とし穴に落ちないために

 NVMe(Non-Volatile Memory Express)は、次世代ストレージシステム向け論理デバイスインタフェースとして登場した。前世代のSAS/SATAの仕組みでは不可能だった大幅な性能向上を実現する。NVMe型SSDの登場でSASとSATAは旧設計のインタフェースになった。

 SSDの能力を十分に引き出すには、PCIe(Peripheral Component Interconnect Express)バスに直接接続して、NVMe技術を最大限活用しなければならない。最近、そのことを認識し始めている企業が増えている。

 「NVMeへの移行によって、可能な限りCPUに近づけられる」とグローバル規模のIT支援を行うPhoenixNAPのプレジデント、イアン・マッククラーティ氏は説明する。このアプローチでは複数のPCIeバスを使ってレイテンシ低減と速度向上を実現でき、SAS/SATAインタフェースの課題だったボトルネックを解消するという。

移行を進めるには

 NVMe型SSDへの移行は、これから何年かの間、徐々に進むとみられる。幸い現在SAS/SATAを利用している企業が直ちにフォークリフトアップグレード(ハードウェアとソフトウェアを一度にまとめてアップグレードすること)する必要はなさそうだ。

 「将来に備えて、フラッシュ技術の革新的でスケーリング(拡張)が可能なアーキテクチャを実装すべきだ」

 そう説明するのは、ストレージとデータ管理ソフトウェア企業NetAppでデータ管理ソフトウェアである「ONTAP」担当チーフエバンジェリストを務めるジェフ・バクスター氏だ。

 「既存のソリューションにもNVMeに対応可能なものがある。例えばNVMe型ストレージを既存システムに直接接続できるものや、HDDもしくはSAS/SATA型のSSDストレージシステムからNVMe型SSDストレージシステムに段階的に拡張、移動できるものなどがある」(バクスター氏)

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...