2018年04月06日 09時00分 公開
特集/連載

既存システムのCPUがボトルネックになることもNVMe SSDへ移行しストレージの世代交代を進めるには?

高性能SSDインタフェースを取り入れるには、入念な計画が必要だ。NVMe(Non-Volatile Memory Express)技術の進化に伴い、どうすれば容易に移行できるかが模索されている。

[John Edwards,TechTarget]
画像 移行の落とし穴に落ちないために

 NVMe(Non-Volatile Memory Express)は、次世代ストレージシステム向け論理デバイスインタフェースとして登場した。前世代のSAS/SATAの仕組みでは不可能だった大幅な性能向上を実現する。NVMe型SSDの登場でSASとSATAは旧設計のインタフェースになった。

 SSDの能力を十分に引き出すには、PCIe(Peripheral Component Interconnect Express)バスに直接接続して、NVMe技術を最大限活用しなければならない。最近、そのことを認識し始めている企業が増えている。

 「NVMeへの移行によって、可能な限りCPUに近づけられる」とグローバル規模のIT支援を行うPhoenixNAPのプレジデント、イアン・マッククラーティ氏は説明する。このアプローチでは複数のPCIeバスを使ってレイテンシ低減と速度向上を実現でき、SAS/SATAインタフェースの課題だったボトルネックを解消するという。

移行を進めるには

 NVMe型SSDへの移行は、これから何年かの間、徐々に進むとみられる。幸い現在SAS/SATAを利用している企業が直ちにフォークリフトアップグレード(ハードウェアとソフトウェアを一度にまとめてアップグレードすること)する必要はなさそうだ。

 「将来に備えて、フラッシュ技術の革新的でスケーリング(拡張)が可能なアーキテクチャを実装すべきだ」

 そう説明するのは、ストレージとデータ管理ソフトウェア企業NetAppでデータ管理ソフトウェアである「ONTAP」担当チーフエバンジェリストを務めるジェフ・バクスター氏だ。

 「既存のソリューションにもNVMeに対応可能なものがある。例えばNVMe型ストレージを既存システムに直接接続できるものや、HDDもしくはSAS/SATA型のSSDストレージシステムからNVMe型SSDストレージシステムに段階的に拡張、移動できるものなどがある」(バクスター氏)

ITmedia マーケティング新着記事

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...

news046.jpg

F1層(20〜34歳女性)に聞く「タピオカドリンクを飲む理由」――ミュゼマーケティング調べ
タピオカドリンクを購入する理由などを、20〜34歳女性1764人にリサーチしています。

news043.jpg

「GAFA」を脅威と言う前に正しく理解する――オプトホールディング鉢嶺 登氏インタビュー
『GAFAに克つデジタルシフト』(日本経済新聞出版社)を上梓したオプトホールディング代...