2018年09月05日 05時00分 公開
特集/連載

「Edge TPU」から考えるGoogleのAI戦略 AWSやAzureに対する競争力は?IoT機器への影響も

Amazon、IBM、Microsoftなどの企業が競い合う人工知能技術。Googleの「Edge TPU」が次世代アプリケーション開発者の注目を集めている。

[Nicole Laskowski,TechTarget]
画像

 GoogleはTensor Processing Unit(TPU)のエッジデバイスでの使用を可能にした。サンフランシスコのGoogle Cloud Nextカンファレンスで、同社は機械学習モデル「TensorFlow Lite」をモバイル機器や組み込み機器で実行するためのアプリケーション専用チップである「Edge TPU」を発表した。

 この発表は、盛り上がるAIハードウェア市場と、機械学習がモノのインターネット(IoT)や無線デバイスに与える影響の両方を表している。Edge TPUは、エッジデバイスとクラウドをつなげるAIスタックを可能にする。新世代のアプリケーション開発者の注目を集めて、Microsoft、Amazon、IBMなどの企業に対するGoogleの競争力を強化している。

 アナリストはこの動向を高評価しており、「これはGoogleに内在する大きなギャップを埋めるものだ」と、Forresterのマイク・ガルティエリ氏は語る。

IoTアプリケーションにも影響

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...