2018年10月19日 05時00分 公開
特集/連載

「32Gbpsファイバーチャネル」導入が進む背景にフラッシュの影イーサネットに速度は及ばないが……

8Gbpsや6Gbpsのファイバーチャネル(FC)から32GbpsのFCへ切り替えが進みつつある。その背景にはフラッシュストレージが深く関わっているという。

[Scott D. Lowe,TechTarget]

関連キーワード

Fibre Channel | SSD | SAN | 半導体ストレージ


画像 フラッシュが高速なFCを後押しする?

 1980年代後半、データセンターのストレージ環境でファイバーチャネル(FC)が生まれた。それ以来、米国国家規格協会(ANSI)公認の情報技術規格国際委員会(INCITS)が、FCの新バージョンを開発している。


32GbpsのFC

 2016年、32GbpsのFCスイッチ(SANの構築に利用するスイッチ)が市場に登場した。ここでは速度の指標を「Gbps」で表現したが、実際には速度は各FCの最大スループット(単位時間当たりの実行伝送量)で表現する。他にも、回線速度を表す「Gbaud」が使われることもある。例えば、32GFC(32GbpsのFC)の最大スループットは6400MBps(MB/秒)で、回線速度は約28Gbaudになる。

 FCの理論上の公表速度はイーサネットに及ばない。業界はこの速度不足の改善に取り組んでいる。32GFCの登場により、FCベースのSANストレージの利用が現実的な選択肢になる。

フラッシュストレージの役割

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。