「32Gbpsファイバーチャネル」導入が進む背景にフラッシュの影イーサネットに速度は及ばないが……

8Gbpsや6Gbpsのファイバーチャネル(FC)から32GbpsのFCへ切り替えが進みつつある。その背景にはフラッシュストレージが深く関わっているという。

2018年10月19日 05時00分 公開
[Scott D. LoweTechTarget]

関連キーワード

Fibre Channel | SSD | SAN | 半導体ストレージ


画像 フラッシュが高速なFCを後押しする?

 1980年代後半、データセンターのストレージ環境でファイバーチャネル(FC)が生まれた。それ以来、米国国家規格協会(ANSI)公認の情報技術規格国際委員会(INCITS)が、FCの新バージョンを開発している。


32GbpsのFC

 2016年、32GbpsのFCスイッチ(SANの構築に利用するスイッチ)が市場に登場した。ここでは速度の指標を「Gbps」で表現したが、実際には速度は各FCの最大スループット(単位時間当たりの実行伝送量)で表現する。他にも、回線速度を表す「Gbaud」が使われることもある。例えば、32GFC(32GbpsのFC)の最大スループットは6400MBps(MB/秒)で、回線速度は約28Gbaudになる。

 FCの理論上の公表速度はイーサネットに及ばない。業界はこの速度不足の改善に取り組んでいる。32GFCの登場により、FCベースのSANストレージの利用が現実的な選択肢になる。

フラッシュストレージの役割

ITmedia マーケティング新着記事

news078.jpg

マーケティングツール活用にまつわる3つの課題とは? ――インキュデータ調査
マーケティングツールを利用する企業は多いものの、利用企業はツールをうまく使いこなせ...

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...