2018年10月19日 05時00分 公開
特集/連載

イーサネットに速度は及ばないが……「32Gbpsファイバーチャネル」導入が進む背景にフラッシュの影

8Gbpsや6Gbpsのファイバーチャネル(FC)から32GbpsのFCへ切り替えが進みつつある。その背景にはフラッシュストレージが深く関わっているという。

[Scott D. Lowe,TechTarget]

関連キーワード

Fibre Channel | SSD | SAN | 半導体ストレージ


画像 フラッシュが高速なFCを後押しする?

 1980年代後半、データセンターのストレージ環境でファイバーチャネル(FC)が生まれた。それ以来、米国国家規格協会(ANSI)公認の情報技術規格国際委員会(INCITS)が、FCの新バージョンを開発している。


32GbpsのFC

 2016年、32GbpsのFCスイッチ(SANの構築に利用するスイッチ)が市場に登場した。ここでは速度の指標を「Gbps」で表現したが、実際には速度は各FCの最大スループット(単位時間当たりの実行伝送量)で表現する。他にも、回線速度を表す「Gbaud」が使われることもある。例えば、32GFC(32GbpsのFC)の最大スループットは6400MBps(MB/秒)で、回線速度は約28Gbaudになる。

 FCの理論上の公表速度はイーサネットに及ばない。業界はこの速度不足の改善に取り組んでいる。32GFCの登場により、FCベースのSANストレージの利用が現実的な選択肢になる。

フラッシュストレージの役割

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

電通ダイレクトマーケティングとCandeeがアフィリエイト型ライブコマースで協業
アフィリエイト型の料金体系のため、低リスクでのお試し出稿が可能。

news023.jpg

チャットアプリ利用率、「LINE」と「Facebook Messenger」の差は?――マイボイスコム調べ
わが国におけるチャットアプリのデファクトスタンダードとは。

news126.jpg

SMSでもワンツーワン配信、ユミルリンクが「Cuenote SMS」に機能追加
SMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」にURLクリックカウント、差し込み配...