2018年12月27日 05時00分 公開
特集/連載

WebサイトとWebアプリの境目がなくなった時、Web開発の現場はどうなるかPWAやSPAの時代に

Webアプリ、モバイルアプリ、Webサイトの境が曖昧になり、それぞれの開発における独自性が消えている。プログレッシブWebアプリ(PWA)やシングルページアプリ(SPA)の構築を学ぶべきタイミングが来た。

[Jan Stafford,TechTarget]
画像 どこまでがWebサイトでどこからがWebアプリなのか、境界が曖昧になってきた

 企業のDevOps(運用開発)チームは、モバイルアプリ、Webアプリ、Webサイトをそれぞれ個別に提供するのではなく、Web開発戦略の下に統合する方向に動いている。この開発戦略では、モバイルアプリ・Webアプリ・Webサイトの3種類全ての特徴を兼ね備えた単一のアプリを構築する。具体的には同一ページ内で画面が遷移するシングルページアプリ(SPA)や、プッシュ通知機能などモバイルアプリ同じような機能を持ったプログレッシブWebアプリ(PWA)などだ。

 PWAは2018年から5年程度で新しい開発プロジェクトの主流になると話すのは、調査会社Gartnerでアナリストを務めるエリザベス・ゴラシオ氏だ。従来のWebアプリ開発プロジェクトの手法は、用途によっては有用であることは変わらない。だが消費者が利用するモバイルアプリの50%は、2020年までにPWAになるだろう。

 「これまでも、そしてこれからも、PWA開発はWebアプリ開発チームにとって不可欠なスキルになる。その場しのぎのアプリや、ミドルウェア・データベース・バックエンドと密接に連携し、冗長なユーザーエクスペリエンスを提供するような昔ながらのアプリは廃止すべきだ」(ゴラシオ氏)

マルチエクスペリエンス開発の準備

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...