2017年08月30日 05時00分 UPDATE
特集/連載

Service Workerを活用まるでネイティブアプリなWebサイト「プログレッシブWebアプリ」実装のヒント (1/2)

ネイティブアプリケーションのような操作性を有する「プログレッシブWebアプリケーション」。その実装方法を取り上げる。

[George Lawton,TechTarget]

関連キーワード

アプリケーション | Google | Apple


 これまでモバイルデバイスからクラウドアプリケーションへアクセスしてきたのは、Webブラウザか専用のクライアントアプリケーション(ネイティブアプリケーション)だった。Webページの処理をバックグラウンドで支えるスクリプト「Service Worker」、キャッシュの機能強化、新しいインストールオプションなど、新しいWebブラウザ機能の登場により、開発者はWebブラウザベースのアプリケーションとネイティブアプリケーションそれぞれの機能を融合する「プログレッシブWebアプリケーション」を作成できるようになった。米国で開催されたWeb開発者向けイベント「O'Reilly Fluent Conference」で、不動産サービス会社Settledの最高技術責任者(CTO)ディーン・ヒューム氏は、この新しいスタイルのアプリケーションを実装するヒントを紹介した。

 Settledは英国で不動産情報の掲載サービスを提供する。同社はプログレッシブWebアプリケーションを使用して、顧客向けに新しいダッシュボードを構築することを考えていた。このダッシュボードにより、ユーザーはネットワークに接続しているかどうかに関係なく、迅速かつ容易に同社の情報へアクセスできるようになる。このプログレッシブWebアプリケーションを実装してからというもの、SettledのユーザーはWebサイトの閲覧に2倍の時間を費やすようになり、Webサイトの約15分の1のデータを利用するようになった。その上、ページの読み込み時間は3分の1に短縮した。

 これまでのネイティブアプリケーションの大きなメリットは、ユーザーがアイコンをクリックすることで起動できる点にある。プログレッシブWebアプリケーションは、ページに含まれるマニフェストファイル(アプリケーションの実行に必要な情報を記載したファイル)を利用して同じ機能を実現する。マニフェストファイルは144×144画素のアイコンを含み、このアイコンをユーザーのホーム画面にインストールできる。Webページ自体は、HTTPS接続経由で実行するService Workerを使用する必要がある。ユーザーがアプリケーションへのリンクをインストールするオプションを得るには、少なくとも2回はWebサイトへアクセスしなければならない。

プログレッシブWebアプリケーションを支えるService Worker

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...