2016年04月21日 12時00分 公開
特集/連載

「ネイティブアプリ」と「Webアプリ」、モバイルアプリはどれが使いやすい?いいとこ取りのハイブリッドアプリも

企業のIT部門がどのタイプのアプリケーションを開発するか選ぶ際は、デバイスへの対応性やアクセス方法が焦点になる。

[Jack Madden,TechTarget]

関連キーワード

HTML5 | iOS | Android | Apple


 企業のモバイルアプリケーションを自社開発することになったら、いずれかのアプリケーション開発フレームワークを選ぶことになる。

 最初に必要となる作業は、現行のプロセスをモバイルデバイスからアクセスできるようにすることだ。だが、モバイルデバイス特有の機能(位置情報を利用するサービスやプッシュ通知、シームレスなデータ共有など)も活用するとなると、アプリは大きく変わる。アプリ開発フレームワークを選ぶ際には、配布するアプリをネイティブアプリ、Webアプリ、ハイブリッドアプリのいずれのタイプにするかが最大の焦点になる。

ネイティブアプリ

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...