2016年04月21日 12時00分 公開
特集/連載

「ネイティブアプリ」と「Webアプリ」、モバイルアプリはどれが使いやすい?いいとこ取りのハイブリッドアプリも

企業のIT部門がどのタイプのアプリケーションを開発するか選ぶ際は、デバイスへの対応性やアクセス方法が焦点になる。

[Jack Madden,TechTarget]

関連キーワード

HTML5 | iOS | Android | Apple


 企業のモバイルアプリケーションを自社開発することになったら、いずれかのアプリケーション開発フレームワークを選ぶことになる。

 最初に必要となる作業は、現行のプロセスをモバイルデバイスからアクセスできるようにすることだ。だが、モバイルデバイス特有の機能(位置情報を利用するサービスやプッシュ通知、シームレスなデータ共有など)も活用するとなると、アプリは大きく変わる。アプリ開発フレームワークを選ぶ際には、配布するアプリをネイティブアプリ、Webアプリ、ハイブリッドアプリのいずれのタイプにするかが最大の焦点になる。

ネイティブアプリ

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

メディア化する企業が勝つ時代の動画マーケティングはどうあるべきか
見込み客の興味についての理解を深化させ、イベントの価値を最大化し、人々の注目を獲得...

news114.jpg

B2B企業のSEO記事コンテンツ制作、「外注に失敗」の経験が8割超――EXIDEA調査
SEOのノウハウはもちろん重要ですが、記事制作を外注するに当たっては、自社や業界のこと...

news027.jpg

さようならiPod Appleへの20年の貢献度を振り返る
ポータブルミュージック40年の歴史とともに、その偉業を振り返ってみましょう。