スマホで使いたいのはやっぱりネイティブアプリ、「モバイルの常識」はどう変化?アプリ開発と管理のあるべき姿を問い直す

モバイルアプリ導入において、セキュリティに劣らず重要なのがユーザーエクスペリエンスだ。モバイルデバイス管理(MDM)はまだ消滅しない。ApperianのCEO、ブライアン・デイ氏に話を聞いた。

2016年04月01日 08時00分 公開
[Ramin EdmondTechTarget]
ブライアン・デイ氏 ブライアン・デイ氏

 企業が従業員向けモバイルアプリを開発して配布する場合、アプリの価値も安全性も、全てはユーザビリティにかかっている。

 「アプリが企業のセキュリティポリシーを満たすことは不可欠だが、モバイルアプリの導入が成功するかどうかはユーザーエクスペリエンス次第だ」――モバイルアプリケーション管理(MAM)ソフトウェアを提供するApperianの社長兼CEOのブライアン・デイ氏はそう話す。2016年3月に同社がボストンで開催したカンファレンス「Mobile App Meetup」で、デイ氏はモバイルデバイス管理(MDM)の現在の役割や、ネイティブアプリ開発のトレンドについて語った。

――現在のモバイルの最大のトレンドは?

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。