スマホで使いたいのはやっぱりネイティブアプリ、「モバイルの常識」はどう変化?アプリ開発と管理のあるべき姿を問い直す

モバイルアプリ導入において、セキュリティに劣らず重要なのがユーザーエクスペリエンスだ。モバイルデバイス管理(MDM)はまだ消滅しない。ApperianのCEO、ブライアン・デイ氏に話を聞いた。

2016年04月01日 08時00分 公開
[Ramin EdmondTechTarget]
ブライアン・デイ氏 ブライアン・デイ氏

 企業が従業員向けモバイルアプリを開発して配布する場合、アプリの価値も安全性も、全てはユーザビリティにかかっている。

 「アプリが企業のセキュリティポリシーを満たすことは不可欠だが、モバイルアプリの導入が成功するかどうかはユーザーエクスペリエンス次第だ」――モバイルアプリケーション管理(MAM)ソフトウェアを提供するApperianの社長兼CEOのブライアン・デイ氏はそう話す。2016年3月に同社がボストンで開催したカンファレンス「Mobile App Meetup」で、デイ氏はモバイルデバイス管理(MDM)の現在の役割や、ネイティブアプリ開発のトレンドについて語った。

――現在のモバイルの最大のトレンドは?

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...