Windows 10の“容量不足で突然クラッシュ”を防ぐ「予約済み記憶域」とは?システムドライブを目いっぱい使っても大丈夫

Microsoftは「Windows 10」に「予約済み記憶域」という機能を新たに追加した。この新機能の概要と管理方法を紹介する。

2019年08月12日 05時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]
画像

 「Windows 10」の「May 2019 Update」(バージョン1903)以降は、OSが内部的に使用する7GB程度の記憶域が「予約済み記憶域」として確保するようになる。IT担当者向けに、この新機能について解説する。

 Windows 10バージョン1903以降がプリインストールされたPCは、必要な予約済み記憶域を自動的に確保する。Windows 10バージョン1903以降をクリーンインストールしたPCでも、予約済み記憶域は有効になる。

 インストールするWindows 10の機能と言語によって異なるが、当初の予約済み記憶域のサイズは約7GBだ。ただしWindows 10の進化に伴い、このサイズは変動する可能性がある、とMicrosoftは説明している。

 Microsoftが予約済み記憶域の機能を追加した目的は、システムドライブを容量ぎりぎりまで消費しているときにWindows 10の動作が不安定になるのを防ぐことだ。予約済み記憶域があれば、OSの重要な機能に必要な空きストレージ容量を常に確保できる。

 予約済み記憶域を導入したことで、エンドユーザーがHDDを容量いっぱいに使用してもWindows 10の動作は安定する。ストレージ容量に余裕がない場合も、残り少ないストレージ容量を突然OSに使われてしまう心配がなくなる。

予約済み記憶域の確認方法

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。