2019年08月12日 05時00分 公開
特集/連載

システムドライブを目いっぱい使っても大丈夫Windows 10の“容量不足で突然クラッシュ”を防ぐ「予約済み記憶域」とは?

Microsoftは「Windows 10」に「予約済み記憶域」という機能を新たに追加した。この新機能の概要と管理方法を紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]
画像

 「Windows 10」の「May 2019 Update」(バージョン1903)以降は、OSが内部的に使用する7GB程度の記憶域が「予約済み記憶域」として確保するようになる。IT担当者向けに、この新機能について解説する。

 Windows 10バージョン1903以降がプリインストールされたPCは、必要な予約済み記憶域を自動的に確保する。Windows 10バージョン1903以降をクリーンインストールしたPCでも、予約済み記憶域は有効になる。

 インストールするWindows 10の機能と言語によって異なるが、当初の予約済み記憶域のサイズは約7GBだ。ただしWindows 10の進化に伴い、このサイズは変動する可能性がある、とMicrosoftは説明している。

 Microsoftが予約済み記憶域の機能を追加した目的は、システムドライブを容量ぎりぎりまで消費しているときにWindows 10の動作が不安定になるのを防ぐことだ。予約済み記憶域があれば、OSの重要な機能に必要な空きストレージ容量を常に確保できる。

 予約済み記憶域を導入したことで、エンドユーザーがHDDを容量いっぱいに使用してもWindows 10の動作は安定する。ストレージ容量に余裕がない場合も、残り少ないストレージ容量を突然OSに使われてしまう心配がなくなる。

予約済み記憶域の確認方法

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...