2019年05月05日 05時00分 公開
特集/連載

デバイスの更新頻度を指定Windows 10の「LTSC」「SAC」「Insider Program」にPCを割り当てる方法

MicrosoftはWindows 10搭載PCをサービスチャネルに割り当てるためのさまざまなツールを提供している。多層戦略に従った割り当て方法を紹介する。

[Ed Tittel,TechTarget]
画像

 Microsoftは「Windows 10」を提供開始した当初から、「Windows as a Service」(WaaS:サービスとしてのWindows)に言及していた。同社はユーザーが使うPCをWindows 10の特定のサービスチャネル(更新プログラムの配信モデル)に割り当てるための管理者向けツールを提供している。

 管理者はサービスチャネルを選択することで、デバイスの更新頻度を指定できる。Windows 10の企業向けのサービスチャネルには、

  • 機能更新プログラム(アップグレード)を年2回提供する「Semi-Annual Channel」(SAC、旧Current Branch)
  • 機能更新プログラムを2、3年おきに提供する「Long-Term Servicing Channel」(LTSC)
  • 評価プログラム「Windows Insider Program」

の3種類がある。

Windows 10サービスチャネルへのPCの割り当て方法

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...

news035.jpg

人工知能「Adobe Sensei」は日本のデジタル広告市場をどう変えるのか
「Adobe Advertising Cloud」の事業責任者に広告業界で経験豊富なエキスパートが就任。日...