2019年05月05日 05時00分 公開
特集/連載

Windows 10の「LTSC」「SAC」「Insider Program」にPCを割り当てる方法デバイスの更新頻度を指定

MicrosoftはWindows 10搭載PCをサービスチャネルに割り当てるためのさまざまなツールを提供している。多層戦略に従った割り当て方法を紹介する。

[Ed Tittel,TechTarget]
画像

 Microsoftは「Windows 10」を提供開始した当初から、「Windows as a Service」(WaaS:サービスとしてのWindows)に言及していた。同社はユーザーが使うPCをWindows 10の特定のサービスチャネル(更新プログラムの配信モデル)に割り当てるための管理者向けツールを提供している。

 管理者はサービスチャネルを選択することで、デバイスの更新頻度を指定できる。Windows 10の企業向けのサービスチャネルには、

  • 機能更新プログラム(アップグレード)を年2回提供する「Semi-Annual Channel」(SAC、旧Current Branch)
  • 機能更新プログラムを2、3年おきに提供する「Long-Term Servicing Channel」(LTSC)
  • 評価プログラム「Windows Insider Program」

の3種類がある。

Windows 10サービスチャネルへのPCの割り当て方法

ITmedia マーケティング新着記事

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...