2019年05月05日 05時00分 公開
特集/連載

Windows 10の「LTSC」「SAC」「Insider Program」にPCを割り当てる方法デバイスの更新頻度を指定

MicrosoftはWindows 10搭載PCをサービスチャネルに割り当てるためのさまざまなツールを提供している。多層戦略に従った割り当て方法を紹介する。

[Ed Tittel,TechTarget]
画像

 Microsoftは「Windows 10」を提供開始した当初から、「Windows as a Service」(WaaS:サービスとしてのWindows)に言及していた。同社はユーザーが使うPCをWindows 10の特定のサービスチャネル(更新プログラムの配信モデル)に割り当てるための管理者向けツールを提供している。

 管理者はサービスチャネルを選択することで、デバイスの更新頻度を指定できる。Windows 10の企業向けのサービスチャネルには、

  • 機能更新プログラム(アップグレード)を年2回提供する「Semi-Annual Channel」(SAC、旧Current Branch)
  • 機能更新プログラムを2、3年おきに提供する「Long-Term Servicing Channel」(LTSC)
  • 評価プログラム「Windows Insider Program」

の3種類がある。

Windows 10サービスチャネルへのPCの割り当て方法

ITmedia マーケティング新着記事

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。