Windows 10の「LTSC」「SAC」「Insider Program」にPCを割り当てる方法デバイスの更新頻度を指定

MicrosoftはWindows 10搭載PCをサービスチャネルに割り当てるためのさまざまなツールを提供している。多層戦略に従った割り当て方法を紹介する。

2019年05月05日 05時00分 公開
[Ed TittelTechTarget]
画像

 Microsoftは「Windows 10」を提供開始した当初から、「Windows as a Service」(WaaS:サービスとしてのWindows)に言及していた。同社はユーザーが使うPCをWindows 10の特定のサービスチャネル(更新プログラムの配信モデル)に割り当てるための管理者向けツールを提供している。

 管理者はサービスチャネルを選択することで、デバイスの更新頻度を指定できる。Windows 10の企業向けのサービスチャネルには、

  • 機能更新プログラム(アップグレード)を年2回提供する「Semi-Annual Channel」(SAC、旧Current Branch)
  • 機能更新プログラムを2、3年おきに提供する「Long-Term Servicing Channel」(LTSC)
  • 評価プログラム「Windows Insider Program」

の3種類がある。

Windows 10サービスチャネルへのPCの割り当て方法

ITmedia マーケティング新着記事

news145.jpg

3D空間メディアのマーケティング効果を測る新指標「ブランドイマーシブタイム」とは?
電通と電通グループ、電通デジタルは、3D空間メディアが与えるマーケティング効果を測る...

news098.jpg

米炭酸飲料市場2位に躍進――ドクターペッパーがペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【前編】
140年の歴史を持つ炭酸飲料ブランドのDr Pepperは、いかにして米国でナンバー2のソフトド...

news059.jpg

カスハラ被害 サービス職の35.5%が「経験あり」――パーソル総合研究所調査
カスハラ被害経験者3000人を対象にした調査から、「カスハラに強い組織づくり」のための...