2018年12月19日 05時00分 公開
特集/連載

「サービスとしてのWindows」は道半ばWindows 10更新プログラムの不具合はなぜ発生? Windows as a Serviceの課題を指摘する声も

アナリストや開発者は、「Windows 10」更新プログラムの不具合問題で苦慮するMicrosoftについて、その品質管理プロセスや「Windows as a Service」における課題を指摘する。

[Ed Scannell,TechTarget]
画像

 品質管理プロセスに力を入れてはいるものの、Microsoftはいまだに「Windows 10」の更新プログラムに関する不具合を解消できていない。

 問題の一部は、Microsoftが以前より大きな品質管理の責任をテスターに負わせたことに起因している。テスターの中には、そもそも自分が発見した不具合の報告を怠る者もいる。また不具合が報告されたとしても、その不具合に対してMicrosoftが対処し、問題が解消したかどうかを確認する管理機能が存在しない。

 不具合の報告と修正に対してMicrosoftがより秩序立った体制を敷けていれば、2018年10月に機能更新プログラム「Windows 10 October 2018 Update」と「Windows Server 2019/1809」の配信を一時停止するという事態は避けられていた可能性がある。そう指摘するアナリストがいる。

 Microsoftは一部のユーザーからデータ消失の報告があったことを受け、Windows 10 October 2018 Updateの配信を停止した。続いて同様の問題がサーバOSにも影響を及ぼす恐れがあると懸念し、Windows Server 2019/1809についても同様の措置をとった。Microsoftは2018年11月上旬、一時停止していたこれらの配信を再開した。

 この件で憂慮すべき点は、同一の不具合が一度ならず報告されていたにもかかわらず、Microsoftは何も対応しなかった、あるいは迅速に対応しなかったと思われる点だ。

アナリストや開発者による指摘点

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。

news038.jpg

PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290...