2019年09月20日 05時00分 公開
特集/連載

パブリッククラウドはインフラ調達をどう改善する? オンプレミスと比較パブリッククラウドが持つ7つの特徴総まとめ【前編】

Amazon Web ServicesやGoogle Cloud Platform、Microsoft Azureなどのパブリッククラウドは、企業にどのようなメリットをもたらすのだろうか。スケーラビリティや調達プロセスの観点から、分かりやすく説明する。

[Trevor Jones,TechTarget]
画像

 パブリッククラウドは多様化が進み、さまざまなツールやテクノロジーがパブリッククラウドとして提供されている。ばらばらに見えるこうしたパブリッククラウドの間には、共通の特徴がある。

 Amazon Web Services(AWS)が、コンピューティングリソースとストレージリソースをクラウドサービスとして販売開始したのは2006年のことだ。その後すぐにGoogleとMicrosoftが、オンプレミスインフラの代わりにクラウドインフラの活用を促す流れに追従し始めた。AWSや「Google Cloud Platform」「Microsoft Azure」といった最近のクラウドサービス群はIaaS(Infrastructure as a Service)だけでなく、

  • 人工知能(AI)
  • コンテナオーケストレーション
  • イベント駆動型コード実行
  • データベース
  • IoTプラットフォーム(IoT:モノのインターネット)
  • 専用線接続
  • 業務アプリケーション

など、多くの機能やアプリケーションをパブリッククラウドとして提供している。

 上記のような各種パブリッククラウドには、それぞれ固有のメリットと課題がある一方、ほぼ全てのパブリッククラウドに共通する特性も幾つかある。本稿は前後編にわたり、オンプレミスのITインフラと比較しながら、パブリッククラウドの7つの特徴について説明する。前編は、その中から4つを紹介する。

1.オンデマンドのITインフラ

 これまでのオンプレミスでのリソース調達は、完了までに数カ月を要することもあった。AWSやMicrosoft、Googleなどのパブリッククラウドベンダーは、世界各地のデータセンターの内部にハードウェアを大量に用意しており、コンピューティングとストレージのリソースをすぐに提供できる。ユーザー企業は、ボタンのクリックやAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)の呼び出しだけでリソースを利用でき、ITインフラの調達にかかる時間を短縮できる。

2.セルフサービスプロビジョニング

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

日本のスマホ決済アプリのインストール数は75%成長 バンキングアプリ利用も急増――Adjust調査
2020年上半期は特に日本において、新型コロナの影響でファイナンスアプリの利用が活発化...

news048.jpg

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデー...

news177.jpg

広告業界の倒産、4年連続増加の可能性も――帝国データバンク調査
広告関連業者の倒産動向調査(2020年1〜9月)の結果です。年末に向け、新型コロナウイル...