2019年11月20日 05時00分 公開
特集/連載

「Citrix Optimizer」「VMware OS Optimization Tool」を有効活用「VDI最適化ツール」とは? 仮想デスクトップの性能向上とリソース削減を両立

VDIのパフォーマンス維持・向上とリソース使用量の削減を両立させたいなら、「Citrix Optimizer」「VMware OS Optimization Tool」などのVDI最適化ツールが役立つ。こうしたツールの機能と使い方を示す。

[Alastair Cooke,TechTarget]

関連キーワード

VMware | Citrix | 仮想化 | DaaS | 仮想デスクトップ


画像

 仮想デスクトップインフラ(VDI)の使用リソースを減らしながら、アプリケーションのパフォーマンスを最大限に高めるために、IT担当者は「VDI最適化ツール」の導入を検討すべきだ。

 ゴールデンイメージ(仮想デスクトップのテンプレート)を最適化すれば、VDIで稼働する全ての仮想デスクトップのパフォーマンス向上につながる。ただし最適化を目指し過ぎると、使用目的に合わない仮想デスクトップを生み出す恐れも多分にある。IT担当者は、VDIの導入時にVDI最適化ツールを使ってテストし、アプリケーションの機能に照らしてあらゆるトレードオフを見極めておく必要がある。

 「Windows 10」などのOSは、1台のデバイスで稼働し、限られた量のリソースしか使用しないことを想定して開発されている。MicrosoftはノートPC向けに、Windows 10を省電力モードで動作させる機能を提供している。だがこれはVDIには不要なディスク動作になることが少なくない。VDIでは、IT担当者は大規模なサーバ構成で、同じOSのコピーを複数実行する。つまりVDIの管理者が操作するのは、限られた量の専用リソースではなく、大量の共有リソースになる。

 VMwareやCitrix Systemsなど大半のVDIベンダーは、VDI最適化ツールを用意している。Citrix Systemsの「Citrix Optimizer」とVMwareの「VMware OS Optimization Tool」は、それぞれ自社VDI製品向けの、よく似たVDI最適化ツールだ。

VDI最適化ツールでできることと最適化の手順

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

ITRが「IT投資動向調査2020」を実施 「卸売・小売」の投資意欲が盛んに
国内企業のIT予算は堅調に増加傾向にはあるものの、その勢いには陰りが見え始めています。

news031.jpg

「グロースハック」の神髄とは? Dropboxとメルカリの場合
元祖グロースハック企業Dropboxと、わずか数年で世界有数のフリマアプリに成長したメルカ...

news091.jpg

インターネット広告に関するユーザー意識 8割のユーザーが情報活用に不安――JIAA調査
ユーザーのインターネットメディア・広告への意識、情報取得活用への意識、業界が取り組...