2020年02月19日 05時00分 公開
特集/連載

「エッジコンピューティング」が“バズワード”で終わるかどうかを分ける条件黎明期のエッジコンピューティング【前編】

「エッジコンピューティング」は今、最も注目すべき分野の一つであることは間違いない。ただし実際の取り組みが進むかどうかは話が別だ。普及の条件とは。

[Mary K. Pratt,TechTarget]

 データの発生源であるデバイスの近く(エッジ)でデータを処理する「エッジコンピューティング」は、2020年に最も注目すべきキーワードの一つだ。著名な技術者や研究者は、エッジコンピューティングがビジネスや社会のさまざまな領域でイノベーション(技術革新)を引き起こすと指摘している。

 エッジコンピューティングが本格的に普及するのはまだ数年先になる見込みだが、その取り組みに必要な技術がさまざまな業界で登場している。そうした中、専門家は2020年の12カ月間が極めて重要な期間になると考えている。調査会社Forrester Researchは自社が発行するレポート「Predictions 2020: Edge Computing」の中で、「2020年にエッジコンピューティングの分野が急激に拡大する見込み」だと指摘している。

 2020年にエッジコンピューティングの分野で何が起きるのだろうか。単なるバズワードで終わるのか。それとも本格普及に向けた動きが加速する年となるのか。

エッジコンピューティング専用に設計された製品が増加

 エッジコンピューティングに利用する製品は、ネットワーク、ストレージ、サーバなど、従来のデータセンターやクラウドのインフラで使用されているハードウェアから派生したものが少なくない。一方で高温や振動のある環境を想定した耐久性に優れるプロセッサなど「エッジコンピューティング専用に設計した製品を市場に投入するベンダーも増えている」と、Forrester Researchのアナリストを務めるアビジット・スニール氏は語る。

 ベンダーからエッジコンピューティングに関する話題を聞く機会は確かに増えてきた。こうしたベンダーは、エッジコンピューティングを構築するためのサービスや保守サポートを提供している。

エッジコンピューティング普及に向けた条件

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。