「RPA」は効率化にも「DX」にも役立つ――大学IT幹部が断言RPAを導入した英国大学のポジティブな変化【中編】

スタッフォードシャー大学で「RPA」導入を担当するIT幹部は、RPAは効率化だけでなく「DX」にも役立つと評価する。その理由と、実際に起きた変化は。

2022年03月28日 08時15分 公開
[Karl FlindersTechTarget]

関連キーワード

教育 | 教育IT


 前編「警察出身の大学IT幹部が語る、大学と警察が『RPA』を導入するそれぞれの理由」は、英国のUniversity of Staffordshire(スタッフォードシャー大学)の最高デジタル責任者(CDO)であるアンドリュー・プロクター氏が携わった、2つの組織の「RPA」(ロボティックプロセスオートメーション)導入理由を紹介した。後編は、同校がRPAを導入した結果、どのような変化が起きたかを紹介する。

「RPAはDXに役立つ」と大学IT幹部

 University of Staffordshireは当初、職員を事務処理から解放する手段として校務自動化を位置付けていた。大学の改善、学生への対処、学生の利益になるサービスの創造に、より多くの時間を費やしてもらうためだ。

 プロクター氏によると、University of Staffordshireは同校の職員を対象に職員エンゲージメント調査を実施した。その結果「職員が校務に圧倒されている」ことが分かった。「職員は日常の定型的な仕事に追われるよりも、自分のスキルを生かして、より創造的な仕事をしたいと考えていた」(同氏)

 University of StaffordshireのIT部門は、財務部門の校務自動化に着手した。財務部門の仕事は裏方の事務だと見なされているが、その仕事は企業にとって大きな影響力を持つとプロクター氏は考える。授業料の免除や滞納の処理は、大学にとって重要な校務だ。同氏によると、財務部門の担当者が1日に2時間ほどをこれらの校務に費やしていた。校務自動化に取り組んだ結果、財務部門は自由になった時間で学生の問い合わせに対処できるようになった。

 学生の期待に応え、彼らの将来の成功につながる体験を創造するために、「大学も、今社会で起きているデジタルトランスフォーメーション(DX)に高度に適応する必要がある」とプロクター氏は語る。「可能な限り効率性を高める必要がある」とも同氏は指摘する。市場競争力を維持するためだ。「校務自動化は、これらの目標を達成するのに役立つ」と同氏は述べる。


 後編は、プロクター氏にUniversity of StaffordshireのIT戦略を聞く。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news071.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年2月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news102.jpg

バーガーキングが挑む「ハイパーパーソナライゼーション」を支えるすごいチーム
Burger KingのCMOパット・オトゥール氏は、ワッパーのカスタマイズに向けてMedia.Monksと...

news034.jpg

良いメルマガと嫌われるメルマガ 違いはどこにある?
B2Bマーケティングにおけるメルマガ施策は簡単そうに見えて難しいもの。どのようなポイン...