「ANSI C」から「C11」まで プログラミング言語「C」標準化の歴史を振り返るいまさら聞けない「C」の歴史【第3回】

プログラミング言語「C」が、登場以来重ねてきた改良とはどのようなものか。歴史に沿って説明する。

2022年10月06日 08時15分 公開
[Twain TaylorTechTarget]

 1989年、米国規格協会(ANSI)はプログラミング言語「C」の標準規格「ANSI X3.159-1989」(ANSI C)を策定した。これに続いて国際標準化機構(ISO)が、1990年に策定した規格が「ISO/IEC 9899:1990」(C90)だ。

C95、C99、そしてC11へ

 その後ISOはCの標準規格を1995年、1999年、2011年に改定した。詳細は以下の通り。

  • 1995年
    • 「ISO/IEC 9899/AMD1:1995」(C95)を策定
  • 1999年
    • 「ISO/IEC 9899:1999」(C99)を策定
  • 2011年
    • 「ISO/IEC 9899:2011」(C11)を策定

 C11は以下の新機能をCに追加した。

  • 境界チェック関数
    • 変数が特定のデータ型(データの種類ごとの規約を定めた仕組み)に一致するかどうかや、配列(同一データ型の集合)の範囲に収まるかどうかをチェックする。
  • 無名構造体
    • 名前を持たない構造体(異なるデータ型をまとめて扱えるようにしたデータ構造)。
  • 不可分操作
    • プログラム外部からは1つの操作に見える、一連の操作の組み合わせ。
  • マルチスレッド
    • 複数の処理を並列して実行する機能。
  • 文字コード「Unicode」の文字列の取り扱い
  • 総称選択
    • 引数のデータ型に基づいて、呼び出す関数を変更できる仕組み。

 第4回はCの主要な用途を整理する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...