クラウドをどう使えば「エネルギー問題」まで議論できるのか? ナデラ氏が語るMicrosoftのCEOが語る「これから必要な技術」【第2回】

エネルギー効率と二酸化炭素排出量の削減を考える上で、クラウドサービスの利用は重要な意味を持つ。ただしMicrosoftのCEOは「単にリフト&シフトしただけでは意味がない」と強調する。それはなぜか。

2023年03月23日 05時00分 公開
[Aaron TanTechTarget]

 Microsoftは2022年11月中旬にシンガポールで、アジア太平洋地域の開発者やスタートアップ企業向けのイベントを開催。講演に登壇した同社CEOのサティア・ナデラ氏は「エネルギー転換への道のりを切り開くに当たって、クラウドコンピューティングは重要な役割を果たす」と主張した。

 しかしこれは、オンプレミスシステムをそのままクラウドサービスに移す「リフト&シフト」だけで達成できるような話ではない。

エネルギー効率を考えると、クラウドの使い方が変わる?

 「エネルギー効率を高めるクラウドネイティブ(クラウドコンピューティングに最適化した技術や設計)を使ったアプリケーションの構築に着手しなければならない」とナデラ氏は語る。同氏は調査会社Gartnerが予測した「2025年までに95%のアプリケーションがクラウドネイティブになる」というデータを紹介した。

 こうした背景から、ナデラ氏はクラウドサービス群「Microsoft Azure」は「全体的な成長が期待できる」と強気な姿勢を示し、アジア太平洋地域におけるデータセンターの増強計画を説明した。同氏によれば、オンプレミスのデータセンター、複数のクラウドサービス、エッジデバイスなど、クラウドネイティブの機能を分散させて使う場面が広がる中、複数のシステム環境を一元管理するためにMicrosoftは「Azure Arc」という管理用サービスを提供している。

 ナデラ氏は、Microsoft Azureの分散クラウドコンピューティング技術を利用するアジア太平洋企業の一例として、マレーシアにある石油とガス供給の大手企業Petronasを挙げた。同氏の説明によれば、Petronasは自社のエネルギー転換計画に関してさまざまな取り組みを進めている。HPC(高性能計算)からバックオフィスのデジタル化まで、同社はさまざまなニーズを抱えているという。


 第3回は、データ分析やAI(人工知能)モデル構築など、Microsoftの最新技術を取り込んだ「データベース設計の理想像」について紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...