2023年03月24日 05時00分 公開
特集/連載

“普通のHDD”より速く、SSDより安い「新モデル」が出てきた訳また新しくなるHDD【前編】

内部の設計においてさまざまな進化が見られるHDD。今後は何が重要になるのか。Western Digitalがひっそりと情報を公開した「HDD新モデル」は、今後重要になり得る“ある技術”を搭載した。

[Adam ArmstrongTechTarget]

 データ読み書きの高速化や大容量化といったニーズを満たすため、さまざまな技術が登場するHDD市場。ストレージベンダーのWestern Digitalは、2023年に入ってからHDDの新モデルをこっそりと公開。発表の仕方は大々的ではなかったが、このHDDは今後のストレージ市場にとって“ものすごく重要な技術”を搭載した。

高速だが“SSDより安い”HDD「新モデル」の正体

 Western Digitalのデータセンター向けHDD「Ultrastar DC HS760」(写真)は、磁気ヘッドを制御するアクチュエーターを2つ搭載する「デュアルアクチュエーター」の設計を採用した。この設計は、アクチュエーターを1つ搭載する「シングルアクチュエーター」よりもデータの読み書きを高速化しやすい。Ultrastar DC HS760の容量は、同HDDの前世代「Ultrastar DC HC560」と同じく20TBだ。

写真 写真 Western Digitalのデータセンター向けHDD「Ultrastar DC HS760」(出典:Western Digitalの公式Webページ)《クリックで拡大》

 調査会社IDCのアナリストであるエド・バーンズ氏は、アクチュエーターを複数搭載するマルチアクチュエーターのHDD市場はまだ大きくはないが、今後はより重要になると予測する。企業が扱うデータ量が増大するほどにHDDの読み書き性能を高めることへの需要は高まり、マルチアクチュエーターはその需要に応じるための重要な技術になるからだ。Western Digitalの競合ベンダーであるSeagate Technologyも、デュアルアクチュエーター搭載のHDD製品のラインアップを拡充させている。

 HDDの大口顧客であるクラウドベンダーは、クラウドサービスのサービス品質保証契約(SLA)を満たすために、低遅延で大容量のHDDを必要としている。「クラウドベンダーはマルチアクチュエーター搭載のHDDを使うことで、SLAを満たしつつ、ストレージへの投資を抑制できる可能性がある」(バーンズ氏)

 マルチアクチュエーター搭載のHDDの利点は、大きく言って2つだ。シングルアクチュエーター搭載のHDDよりも読み書きが高速になり、同じ容量のSSDを購入するよりもコストは安くなる。ユーザー組織にとっては、読み書き性能とコスト抑制を両立させる経済的な選択肢になる。

 シングルアクチュエーター搭載のHDDも、デュアルアクチュエーター搭載のHDDも、大容量になるほど容量単価は比較的安くなる傾向にある。これは需要と供給のバランスを取った結果だと考えていい。Western Digitalは価格を明示していないが、「デュアルアクチュエーター搭載のHDDは、シングルアクチュエーター搭載のHDDよりも容量単価がわずかに高くなる程度になる」とバーンズ氏はみる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...