Javaの意外と厳しい「3大かっこの使い分け方」はこれだJava「11個の誤解」を解く【第5回】

他のプログラミング言語と混同しやすい「Java」の文法上の特徴とは何なのか。Javaでのプログラミングを学ぶと気付く、Javaの意外な“素顔”とは。

2023年04月17日 05時00分 公開
[Darcy DeCluteTechTarget]

 プログラミング言語および開発・実行環境「Java」に対して、開発者は幾つかの誤った認識を持っている。私はそのうちの一人だった。実際にJavaでプログラミングをしたことで得た11個の教訓のうち、10個目と11個目を紹介する。

教訓10.かっこの区別が厳しい

 Javaには3種類のかっこが混在しており、開発者はこれらを区別する必要がある。

  • 丸かっこ:()
    • 主にメソッド(処理)に値を渡す場合に使う。
  • 角かっこ:[]
    • 配列(同じ型の変数をまとまりにしたデータ)の要素を指定したり、配列のサイズを決めたりする際に使う。
  • 波かっこ:{}
    • ブロック(ソースコードにおける行のまとまり)を示す際に使う。

教訓11.習得は難しくない

 初めてJavaのソースコードを書いたときに学んだ最も重要なことは、「Javaは楽しくて簡単に学べる」ということだ。Javaはシンプルで、使いやすい豊富な機能を持ち、ドキュメントが充実している。きっとあなたも習得できるはずだ。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...