「Javaは表現力が弱い」は誤解だった? “真実”はこれだJava「11個の誤解」を解く【第2回】

開発者の中には「Java」の機能や文法を誤解している人がいる。Javaでアプリケーション開発をすると気付く、Javaの“真実の実力”を取り上げる。

2023年03月28日 05時00分 公開
[Darcy DeCluteTechTarget]

 プログラミング言語および開発・実行環境「Java」でのアプリケーション開発に対して、良くない印象を抱いている開発者がいる。これらの“誤解”を覆す、私が初めてJavaに触れた際の11個の教訓のうち、3つ目と4つ目を紹介する。

教訓3.実は“表現力”は弱くない

 Javaはさまざまな出力方法を提供する。プログラミングの初歩である「Hello World」という文字列を出力するプログラムであれば、以下のように出力方法の豊富な選択肢がある。

  • System.out.print("Hello World");
    • ファイルに出力する。
  • console.print("Hello World");
    • コンソールに出力する。
  • showInputDialog("Hello World");
    • ダイアログボックスに出力する。

教訓4.スペースにはこだわらない

 スクリプト(簡易プログラム)言語「Python」では、スペースが重要な意味を持つ。こうした言語では、例えば「2つのスペース」の代わりに「3つのスペース」または「2つのタブ」を使うと、プログラムが正しく動作しないことがある。

 Javaはスペースにこだわらない。Javaプログラムの開発者は、タブやスペース、改行などを自由に使うことができる。同僚の開発者によるソースコードの成形方法が気に入らなければ、リンター(ソースコードを解析して、文法的なエラーやスタイルの問題を見つけるツール)を使って自分の基準で成形するとよい。


 第3回は、5つ目と6つ目の教訓を紹介する。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。