Javaでは「REPL」は無理だと思い込んでいないか? 真実はこれだJava「11個の誤解」を解く【第3回】

IT業界には「Java」に対する誤解が幾つかある。かつて「Javaでは難しい」と見なされていたことや、他のプログラミング言語との違いを紹介する。

2023年04月03日 05時00分 公開
[Darcy DeCluteTechTarget]

 開発者の間には、プログラミング言語および開発・実行環境「Java」にまつわる固定観念が存在する。私が初めてJavaプログラミングをしたとき、そのような誤解は解消された。Javaから得た11個の教訓のうち、5つ目と6つ目を紹介する。

教訓5.「REPLが使えない」はもう古い

 「REPL」(Read-Eval-Print Loop)は対話的なプログラム開発・実行環境だ。「Java 9」は、REPLによるプログラミングを可能にする機能「JShell」を導入した。開発者はJShellを使うことで、プログラム開始時に実行されるメソッド(処理)である「main」を持つJavaアプリケーションよりも、少ない行数でソースコードを記述できる。JShellは、初めてJavaのソースコードを書くのに適している。

教訓6.大文字と小文字は同じじゃない

 プログラミング言語やクエリ言語の中には、大文字と小文字を区別しないものがある。例えば「BASIC」「SQL」などだ。一方でJavaは大文字と小文字を区別する。Javaではメソッドやプロパティ(設定値)、クラス(変数とメソッドの集合)の大文字と小文字を間違えてはいけない。間違えた場合、ソースコードをコンパイル(実行可能ファイルに変換)できなくなることがある。


 第4回は、7〜9つ目の教訓を紹介する。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...