2023年05月22日 08時15分 公開
特集/連載

初心者エンジニアが“成功できる専門分野”を選ぶ「判断基準」はこれだ初心者がソフトウェアエンジニアになれる5つのステップ【第4回】

多岐にわたるソフトウェア開発の専門分野の中から、自分が向いている分野を選ぶことは簡単ではない。初心者のソフトウェアエンジニアが、適切な専門分野を選ぶためのヒントを紹介する。

[Darcy DeCluteTechTarget]

 ソフトウェア開発業界は、実力次第で初心者でも成功を収めることが可能だ。ソフトウェアエンジニアとしての成功を目指す上で、初心者が取り組むべき5つのステップのうち、3つ目を説明する。

ステップ3.「運命の専門分野」を選ぶ

 これまでのステップで学んだ、

  • マークアップ(文章構成)言語の「HTML」
  • スタイルシート(表示制御)言語の「CSS」
  • スクリプト(簡易プログラム)言語の「JavaScript」
  • クエリ(データベース操作)言語の「SQL」
  • システム連携の仕組みの「API」(アプリケーションプログラミングインタフェース)

のそれぞれに慣れた後、そのうちのどれかがしっくりくると感じたなら、どれか1つを選んで先のステップに進もう。判断基準は以下の通りだ。

  • HTMLとCSSが一番楽しかったなら、Webサイトデザインに進む
  • JavaScriptが気に入ったなら、JavaScriptでフロントエンド(エンドユーザーが直接操作する部分)の開発に進む
  • SQLやデータベースに興味が湧いたなら、バックエンド(エンドユーザーが直接操作しない部分)の開発に進む
  • APIを開発するのが好きだと感じたなら、システム連携の仕組みの開発に進む

 ソフトウェアエンジニアを目指す道のりにおいては、自分が最も魅力を感じるプログラミング言語や技術を選び、スキルを高めることが大切だ。例えば以下の方法で学ぶとよい。

  • Googleの動画共有サイト「YouTube」で、プログラミングのチュートリアル動画を見る
  • プログラミング学習支援団体Free Code Campのオンライン学習コミュニティー「freeCodeCamp」で、学習コースを受講する
  • UdemyやCourseraの各同名サービスをはじめとするMOOC(大規模公開オンライン講座)で、評判の良いオンライン講座を受講する

 第5回は、4つ目のステップを紹介する。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...