2007年12月06日 18時32分 UPDATE
ニュース

NEWS住友電工情報システム、低価格の企業内検索アプライアンスを発売

自社開発の検索ソフト「QuickSolution Portal」を搭載し、ハード/ソフトウェアおよび保守・サポートを統合した製品「QuickSolution Lite」を発売

[TechTarget]

 住友電工情報システムは12月6日、低価格の企業内検索アプライアンス「QuickSolution Lite」を同日より発売した。

 本製品は、NEC製「Express5800/110Gd-S」相当のサーバに「Windows Server 2003 R2 SP2」と同社のエンタープライズサーチソフトウェア「QuickSolution Portal」のファイルサーバ検索機能をあらかじめインストールし、さらに保守・サポートを組み合わせたもの。自然文によるあいまい検索などの検索機能を利用して、文書ファイル(Word、Excel、PowerPoint、Visio、PDF、一太郎、HTML、DocuWorks)、圧縮ファイル、テキストファイル、CSVファイルなどを横断的に全文検索できる。また、検索対象ごとにユーザーグループを用いた検索の可/不可設定も可能。

 利用料金は、85万円(税込み:3年間)から。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news147.jpg

マイクロアド関連会社、上海発の訪日クルーズ船内で日本の商品を販促
マイクロアド・インバウンド・マーケティングは中国の訪日クルーズ船と提携し、上海から...

news136.jpg

「KANADE DSP」が機械学習を活用してコンバージョン獲得コストの自動最適化機能を強化
京セラコミュニケーションシステムは「KANADE DSP」において、コンバージョン獲得コスト...

news131.jpg

日本のマーケターはプログラマティックとソーシャルに積極的、AdRollが調査
AdRoll日本法人は、日本のプログラマティック(運用型広告/データに基づくリアルタイム...