2008年03月12日 19時10分 UPDATE
ニュース

NEWS積水化学、エンタープライズサーチでグループ2万人の情報活用基盤を構築へ

積水化学グループ全体の情報系システム刷新の一環として、ウチダスペクトラムのエンタープライズサーチ製品「SMART/InSight 2.0」を導入。柔軟な検索機能とカスタマイズ性を評価した。

[TechTarget]

 ウチダスペクトラムは3月12日、積水化学工業が積水化学グループ全体の情報系システム刷新の一環として、エンタープライズサーチ製品「SMART/InSight 2.0」を導入したと発表した。イントラネットおよびグループウェアに蓄積された情報を検索対象として、2008年4月より本格稼働を開始する。順次、機密性の高い特定業務目的の技術情報や顧客情報などへ対象を拡大していく予定だ。

 積水化学工業では、海外を含めて100社以上、従業員約2万人となるグループ企業全体が情報資産を共通利用できるよう2003年より情報系システムの刷新に取り組んでいるが、業務効率・競争力向上の観点から散在する情報資産を共有し、横断的に検索する仕組みが必要となっていた。

 同社はSMART/InSight 2.0を導入した理由として、マウス操作だけで直感的に情報を絞り込むドリルダウンや複数の条件による検索結果を一覧表で表すクロスタブ表示、時系列表示などが可能な点を挙げている。また、積水化学グループでは住宅販売からプラスチック素材といった多岐にわたる事業を展開しているため、検索方法や検索結果の表示方法など、現場のニーズに合わせて操作画面を容易にカスタマイズできることも評価したとしている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...