2008年07月22日 17時00分 UPDATE
ニュース

NEWS日本IBM、日新製鋼のホストコンピュータの災害対策システムを構築

ホストコンピュータがある堺製鉄所から約300キロ離れた呉製鉄所にバックアップコンピュータを設置。バックアップコンピュータに約12秒間隔で基幹業務データを送信するとともに、ホストコンピュータ被災時にはバックアップコンピュータに切り替える。

[TechTargetジャパン]

 日本アイ・ビー・エムは7月22日、日新製鋼にホストコンピュータの災害対策システムを構築し、2008年6月1日より運用を開始したことを発表した。初期投資額は2.6億円。

 日新製鋼の主要なIT基盤は、各製造所内で災害対策として二重化対策を行っているものの、全社を統合した基幹業務を担うホストコンピュータは堺製造所(大阪府堺市)に集中設置しているため、自然災害などで同機が停止した場合、全事業所の基幹業務に支障が出る懸念があった。

 そのため、堺製造所のホストコンピュータから約300キロ離れた同社の呉製鉄所(広島県呉市)にバックアップコンピュータを設置した。また、遠隔地へのデータコピーと被災時のシステム復旧を自動的に行うIBMの災害対策ソリューション「GDPS(広域分散並列シスプレックス)/グローバル・ミラー」を採用。バックアップコンピュータに常時約12秒間隔で基幹業務データを送信し、堺製造所のホストコンピュータ被災時には、呉製鉄所のバックアップコンピュータに切替える。これにより、被災していない事業所の生産を継続させながら、約半日以内で全事業所のシステム復旧が可能になったという。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...