2008年08月01日 17時45分 UPDATE
ニュース

NEWS日本IBM、クラウドコンピューティング検証施設を晴海に開設

晴海事業所内に「IBMクラウド・コンピューティング・センター@Japan」を開設。クラウドコンピューティング環境のデモや検証を行うことができる。

[TechTargetジャパン]

 日本アイ・ビー・エムは8月1日、クラウドコンピューティング環境を提供する施設「IBMクラウド・コンピューティング・センター@Japan」を同社晴海事業所内に開設した。

 クラウドコンピューティングとは、CPU、ストレージなどのコンピュータ資源やアプリケーションをユーザーの要求に応じて提供する“クラウド”から、サービスとして利用できる次世代コンピューティングモデル。

 同センターでは、ユーザー企業やビジネスパートナーが仮想化を通じて利用しているサーバから、業務を停止することなく環境を別サーバに物理的に移動させるモビリティ機能や、自動的にシステム稼働環境のイメージファイルを配布するプロビジョニング機能など、クラウドコンピューティング環境を検証することができる。また、オープンソースの分散コンピューティングプラットフォーム「Hadoop」を利用したクラウドコンピューティング環境での大規模情報処理プログラミング環境のデモや、ソフトウェア開発のためのチームコラボレーションを実現するシステム環境のデモなどを行うこともできる。

 さらには、同センター内にクラウドコンピューティングの活用を検討している企業向けに、教育プログラム「クラウド・コンピューティングイノベーション・ワークショップ」を無償で開催。ワークショップでは、同社のクラウドコンピューティングのエキスパートと半日の集中討議により、ユーザー企業のクラウドコンピューティング活用に適した分野や、構築に向けてのプランを策定していく。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...