2009年01月15日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS沖電気、サーバ監視アプライアンスの新バージョンをリリース

沖電気がサーバ監視アプライアンス「DressUP Cockpit」の新バージョンを販売開始。複数システムの監視機能を強化したことにより、さらに高度で複雑なシステムの監視が可能になったという。

[TechTargetジャパン]

 沖電気は1月14日、中小規模システム向けサーバ監視アプライアンス「DressUP Cockpit」の新バージョン「DressUP Cockpit V3」の販売を開始すると発表した。

画像 サーバ監視アプライアンス「DressUP Cockpit」

 DressUP Cockpitは、オープン系サーバの生存監視、リソース監視、プロセス監視などを行うアプライアンス製品。HP-UXSolarisLinuxなどのUNIX系サーバと、Windows 2000 Server、Windows Server 2003のWindows系サーバの監視が可能。監視対象の機器数は、同製品1台当たりサーバ50台(ネットワーク機器と合わせて100台)までとなっている。監視対象サーバにエージェントソフトウェアを導入する必要がなく、操作もWeb経由で行うことができるため、簡単に導入可能だという。

 同製品はこれまで、金融機関の中小規模システムを中心に導入されてきたが、新バージョンでは複数システムの運用管理機能を強化し、従来よりも複雑で高度なシステム監視が可能になった。具体的には、異なるシステムごとに監視担当者のポリシーやグループを個別に設定する機能を追加した。また、監視機能とイベント通知機能の強化も行った。同製品の導入により、複数システムを対象にした複雑な運用管理業務のコスト削減が見込めるという。

 同製品の価格は180万円(税別)、出荷開始は2009年3月の予定。同社では今後3年間で、DressUP Cockpit全体で600セットの販売を目指すとしている。

関連ホワイトペーパー

サーバ | アプライアンス | 運用管理


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...