2009年04月13日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS日本プログレス、Salesforce CRMとのデータ連携を容易にするSQLアクセスツール

ODBCドライバの導入のみで既存の顧客システムとSalesforce CRMのデータを連携でき、一般的なSQLを使ったアクセスによって専門的な知識を必要としないデータ活用が可能になった。

[TechTargetジャパン]

 日本プログレスは4月10日、セールスフォース・ドットコムの「Salesforce CRM」とのデータ連携用ODBCドライバ「OpenAccess for ODBC for Salesforce DataSource」(以下、OpenAccess for Salesforce)の販売を開始した。

 同社によると、EAIパッケージを導入したデータ連携のためのシステムを構築することなく、社内システムとSalesforce CRMとのデータ連携が可能になるという。また、セールスフォース・ドットコムのオンデマンド開発基盤「Force.com」のAPIに関する知識がなくても、一般的なSQLを使ったデータ活用が容易にできる。さらに、Salesforce CRMへのアクセス回数やネットワークの負荷を軽減するなど、パフォーマンスや運用コスト面でのメリットもあるとしている。

 OpenAccess for Salesforceでは、「Microsoft Office Access」や「Microsoft Office Excel」などのOffice製品SAPの「Crystal Reports」やマイクロソフトの「MS Reporting」といったリポート作成ツール、各種OLAP(オンライン分析処理)ツールなど既存のソフトウェア資産を活用できる。また、Salesforce CRMが公開している標準APIやHTTPSによるアクセスが可能で、Salesforce CRMのセキュリティ設定に準拠している。

photo OpenAccess for ODBC for Salesforce DataSourceの構成図

 同社では、OpenAccess for Salesforceの適用例として、

  • 企業内にある既存の顧客システムとSalesforce CRMとのデータベースの同期
  • ODBC対応の既存の帳票システムによる帳票/リポート作成
  • Officeアプリケーションとの連動
  • Salesforce CRMデータのSQLによるメンテナンス

などを挙げている。

 OpenAccess for Salesforceの稼働環境は、Windows XP/Windows Server 2003(x86)/Windows Server 2008(x86)。販売価格は、Windowsクライアント版が2万1600円から、Windowsサーバ版が67万2000円から(いずれも税別)。また、製品の評価版が提供されており、同社のサイトからダウンロードして利用することもできる。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...