2009年04月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

メインフレームやハイエンドRISCサーバにもLinuxをデータセンター統合の基盤としてLinuxを活用する

データセンター統合の最も優れたアプローチの1つは、Linuxを中心に据えることだ。包括的なIT戦略計画の一環としてLinuxによるOS統合を行えば、ROIの向上とTCOの削減を実現できるだろう。

[Ken Milberg,TechTarget]

 Linuxデータセンター統合に威力を発揮する。それはなぜか。まず、現在の経営環境の下で大規模なITインフラプロジェクトが承認を得るには、プロジェクトによるビジネス価値の実現が見込めなければならない。そこでこれらのプロジェクトは、大きなROI(投資利益率)を達成することが求められる。達成できれば、TCO(総保有コスト)の負担も軽減されることになる。以下に説明するように、Linuxはこうした要求を満たすのに役立つ。

 データセンター統合プロジェクトの主な目的は、電力および冷却コストの削減、省スペース化、サーバリソースの全体的な使用率の向上だ。データセンター統合には通常、サーバ統合が含まれるため、こうしたプロジェクトはサービス契約コストやソフトウェアライセンスコストの大幅な削減を実現しながら、サーバリソースの全体的な使用率を大幅に向上させるだろう。わたしが率いたプロジェクトの中には、コスト削減効果が最も大きかった費目がソフトウェアライセンスだったものがある(サーバファーム用のOracleライセンスを管理したことがある人は、この話に心当たりがあるだろう)。

データセンターの統合

 データセンターを統合するには、基本的に2つの方法がある。1つは、単に設備を移動してまとめるというもの。例えば、ある企業が4つのデータセンターを2つに統合しようとしていたとする。このシナリオでは、4つのデータセンター内のすべての機器を2つのセンターに運び込むことになる。仮想化やサーバ統合も併せて行われるかもしれないが、インフラの本格的な再設計やリエンジニアリングは行われない。

 もう1つのシナリオは、データセンターを統合するとともに効率とプロセスを向上させるというものだ。このシナリオには、インフラの全体的な方向性に関する戦略計画が含まれる。このシナリオによるデータセンター統合は非常に複雑で大変だが、ROIとTCOに関して優れた成果をもたらす。

 では、なぜLinuxをデータセンター統合に利用すべきなのか。まず、LinuxはほかのどのOSよりも多様なハードウェアプラットフォームに対応していることを頭に入れておくことが重要だ。対応ハードウェアプラットフォームはx86ベースのコモディティハードウェアから、Hewlett-Packard(HP)Sun MicrosystemsIBMなどが提供するRISCベースのUNIXシステム、IBM System z(メインフレーム)まで多岐にわたる。一般的なエンタープライズ環境では、サポートしなければならないOSが半ダースくらいあるかもしれない。Windows、Linux、数種類のUNIX、z/OS(メインフレーム用)といった具合だ。ご存じのように、どのOSでもサポートを行うスタッフとして、オペレーター、管理者、エンジニア、キャパシティープランナー、アーキテクトが必要になる。一般的な大企業では、各OSごとに少なくとも1ダースのサポート担当者を抱えているかもしれない。6つのOSをサポートする場合、担当者数は72人にもなる。

関連ホワイトペーパー

Linux | データセンター | メインフレーム | UNIX | ROI | TCO | 仮想化


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

広告運用で本当に必要とされる自動化とは何か?
プラットフォームの自動化技術が進み、日本の広告運用の現場にもようやく浸透し始めてい...

news020.jpg

「動画広告を運用する」とは、そもそもどういうことなのだろうか?
ブランディング目的で活用する動画広告をどう運用するか。そのそも広告を運用するとはど...

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...