2010年04月12日 07時30分 UPDATE
特集/連載

企業の生産性を高めるモバイルUCモバイルユニファイドコミュニケーション入門 PART1

ユニファイドコミュニケーションを利用すれば、企業は効率、俊敏性、そして生産性を高める新たな業務手法をサポートするインフラを提供できる。モバイルUCの具体的な導入効果を紹介する。

[Michael F. Finneran,TechTarget]

 ユニファイドコミュニケーション(UC)の主要なメリットの1つに、高度なコミュニケーション機能をモバイルユーザーに提供できることがある。しかし、この「モバイルUC」を実現するには2つの複雑な要求、すなわちモビリティーとUCを同時に満足させる必要がある。

 本連載では、3回にわたってモバイルUCのアプリケーション、技術、メリットについて解説する。

モバイルUCの定義

 従来の「ユニファイドメッセージング」の定義とUCを混同しているITプロフェッショナルはまだ多いが、UCの可能性はユニファイドメッセージングをはるかに超えて広がっている。現在UCには、すべてのエンタープライズコミュニケーションを共通のダッシュボードに統合し、ユーザーがすべての連絡先を見て彼らのプレゼンス状態を確認できるようにするというアイデアも含まれる。このプレゼンス状態を示す情報としては、社内/社外、会議中、現場業務、休暇中などがあり、対応可能なコミュニケーション形式(音声、ビデオ会議、電子メール、テキストメッセージ)も併せて示すというものだ。

 ユーザーのプレゼンスは予定表を基に自動的に更新され、ルールベースのエンジンによって異なる連絡相手(上司、同僚、顧客、家族など)に応じて異なるレベルの“対応可能性”を設定できるようにするといったアイデアも提唱されている。つまり、“ユニファイド”というコンセプトには、すべてのメディアでの着信と発信に加え、アプリケーションとそのインタフェースを単一のプラットフォームに統合することも含まれるようになったのだ。

 ユーザー向けの機能の改善とともに、コミュニケーション機能を活用したビジネスプロセスというアイデアもUCに含まれる。これは、豊富なコミュニケーション機能をビジネスプロセスに連携させることによって、定型業務を効率化するというものだ。今日UCでは、企業のすべての人的リソースとITリソースを単一のプラットフォームに統合してビジネスゴールを達成することに主眼が置かれているのだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...