2010年05月20日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ビデオ会議システム紹介:ポリコムHD映像でも利用帯域は半分に、音声にも優れる「Polycom HDXシリーズ」

企業のHD対応ビデオ会議システムの採用が進んでいる。映像が高品質化する半面、帯域の圧迫という問題が浮上してくる。業界に先駆けてH.264ハイプロファイルに対応し、利用帯域の削減を実現した製品を紹介する。

[井上猛雄]

企業でも高品質のHD映像でビデオ会議を行う時代に

 1990年の設立以来、ポリコムは映像・音声・データ会議システム分野のリーダーとして、世界市場をけん引してきたグローバルベンダーである。同社のビデオ会議システムは、現在までにワールドワイドで75万台を出荷しており、そのマーケットシェアも41%という圧倒的な数字を誇る。

 ここでは、ユニファイドコミュニケーション(以下、UC)分野の需要にも応える、同社のビデオ会議システムのフラグシップ製品「Polycom HDXシリーズ」を中心に紹介する。同シリーズは2010年春から、映像・音声品質のさらなる向上と製品ラインアップの強化が図られることになった。具体的には、グループ用システム全製品のフルHD対応と、製品ラインアップの変更、従来オプションで提供されていた基本パッケージ機能の拡張などが行われている。

 HDXシリーズは、パーソナルからグループ用途まで幅広く対応するラインアップをそろえている。グループ用途では低価格なエントリモデルの「HDX 6000」や、クオリティを追求したハイエンドモデルの「HDX 8000」「HDX 9000」などが用意されており、グループ用全モデルで高精細映像を実現する「フルHD 1080p」(30fps)と、鮮明で滑らかなモーションが可能な「HD 720p」(60fps)に対応している。いずれもオープン価格となっている。

polycom_ph01.jpg画像 低価格で投資効果の高い会議室用ソリューション「HDX 6000」(左)とリアルで自然なコミュニケーションを実現するハイエンドモデル「HDX 8000」(右)

画像 大講堂やホール用などのインテグレーションに適した「HDX 9000」
画像 「HD対応製品の採用が増えている」と話すシャオ氏

 HD対応のビデオ会議システムに注力する理由について、米POLYCOM アジア太平洋地区ソリューションプロダクトマーケティング担当のジュン・シャオ氏は「かつてHD対応のビデオ会議システムというと、ハイエンド製品のみに限られていた。しかし最近では機器のコストが下がってきたことで、HD製品が採用されるケースが多くなった。一度でもHD製品を導入すると、そのクオリティの高さのため、元に戻れなくなる」と説明する。

 また、ポリコムジャパン マーケティング部シニアマネージャーの青木律子氏も「日本国内では、HDテレビの普及によってユーザーの目が慣れてきており、より優れた品質の映像で見たいという要望が大きくなりつつある。現在では、ノンHDよりHD製品の方が採用率が高くなっており、大学連携ネットワークでのビデオ配信といった教育分野のほか、一般企業のコミュニケーション用途でもHD製品が広がっていく」と予測している。

その場にいるかのような臨場感狙うビデオ会議の発展形「テレプレゼンス」


画像 ポリコムの「RPX HD イマーシブテレプレゼンス」。コミュニケーションする相手がその場にいるかのような臨場感を与える

 ビデオ会議システムとは厳密なカテゴリーは異なるが、本当の会議のような臨場感で疑似体験型会議室環境を提供できるソリューションとして「テレプレゼンス」という分野もある。ポリコムでは、これを「イマーシブ テレプレゼンス ソリューション」と呼んでおり、幾つかのユニークな製品をそろえている。その1つである「Polycom RealPresence Experience High Definition」(RPX HD)は、巨大なシネマビジョン型スクリーンからのHD映像や、超ワイドサラウンド音声などを採用し、あたかもその場に相手がいるかのような錯覚さえ起こすほどの一体感・臨場感をかもし出すことが可能だ。実物大の相手と目線を合わせた会話ができるため、コミュニケーションも自然に行える。


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

「ポケモンGO」で日本人のライフスタイルは(いきなり)変わったか?
梅雨が明け、土用丑の日に甲子園と、いよいよ夏本番。そして今、熱い夏をもっとホットに...

news094.jpg

GMO TECH、スマーフォン用動画広告作成プラットフォームを提供開始
GMO TECHはShakr Mediaと提携し、スマートフォンアプリのPR動画広告の作成に特化したPR動...

news110.jpg

野村総合研究所、デジタル領域に特化した新会社「NRIデジタル」を設立
野村総合研究所は、デジタルビジネスを専門とする「NRIデジタル」をを2016年8月1日付で設...