2010年07月06日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSアクセンチュア、SAP対応のIFRS支援ソリューション追加

アクセンチュアは、グループ経営管理フレームワークに、SAP製品上で稼働する日本企業向けIFRS対応支援ソリューションを追加した。

[TechTargetジャパン]

 アクセンチュアは7月5日、収益構造の改善と経営管理の高度化を実現するグループ経営管理フレームワーク「Accenture/Advanced Enterprise Performance Management」(以下、AEPM)に、経営管理ソリューションである「ビジネス・プランニング・ソリューション」と、連結会計システム導入を支援する「連結会計ソリューション」を追加した。

 今回発表した2種類のソリューションは、アクセンチュアが提供するIFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)対応支援サービスに共通して活用可能。SAP製品上で利用できる。企業はこれらのソリューションを導入することで、グローバルな業績管理、連結決算に関連するIFRS対応システムの迅速な導入が可能となるほか、IFRS対応を契機にグループ経営管理の高度化を実現し、競合他社との差別化を図ることが可能としている。

 ビジネス・プランニング・ソリューションは、企業の本社とグローバル拠点の一貫したPDCAサイクルの実行を可能とし、グループ予算の編成や統制を支援するソリューション。ソリューションには、事業、組織、ブランド、商品、顧客や販売チャンネルなど、グループ共通の管理軸に基づいた情報管理機能、会計期間を問わず将来の一定期間における事業予測を行うローリングフォーキャスト機能がある。着地点分析などの業績管理機能、販売やマーケティング戦略実施時における本社からのトップダウン指示と、現場から寄せられる結果の整合性をチェックする統合機能も含む。また、消費財、ハイテク、金融などの業界別のノウハウを格納したソリューションも提供する。

 連結会計ソリューションは、IFRS決算向けの組み替えテンプレートを備えたIFRS対応連結ソリューション。日本の会計基準に基づいてグループ連結決算を行ってきた日本企業のIFRS適用を支援する。同ソリューションにはSAPが提供する連結会計ソリューションであるEPM(企業業績管理)ソリューションと、アクセンチュアが独自に開発した連結情報抽出機能、日本基準からIFRSへの組み替え支援機能、個社注記情報収集などの機能が組み合わされる。

 本ソリューションを使うことでIFRSベースの決算プロセスを効率的、かつ短期間に構築することが可能となるとともに、連結決算プロセスの高度化や、グローバル経営管理能力の向上を図ることが可能となるという。また、実際のシステム上で稼働するプロトタイプも併せて提供されるため、企業はより具体的な情報に基づいて、自社のIFRS対応への検討を実施することができるとしている。

関連ホワイトペーパー

経営 | SAP | フレームワーク | ERP | IT戦略 | PDCA


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news147.jpg

マイクロアド関連会社、上海発の訪日クルーズ船内で日本の商品を販促
マイクロアド・インバウンド・マーケティングは中国の訪日クルーズ船と提携し、上海から...

news136.jpg

「KANADE DSP」が機械学習を活用してコンバージョン獲得コストの自動最適化機能を強化
京セラコミュニケーションシステムは「KANADE DSP」において、コンバージョン獲得コスト...

news131.jpg

日本のマーケターはプログラマティックとソーシャルに積極的、AdRollが調査
AdRoll日本法人は、日本のプログラマティック(運用型広告/データに基づくリアルタイム...