2010年08月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

誤送信対策製品紹介:NTTPCコミュニケーションズ編システムと人の手を介して添付ファイルの誤送信を徹底的に防止する「Mail Luck!」

NTTPCではここ数年の誤送信対策への需要の高まりから、SaaS型のメールセキュリティ製品「Mail Luck!」にアーカイブ、フィルタリングのほか添付ファイルの漏えい防止に特化した機能を搭載している。

[上口翔子,TechTargetジャパン]

 電子メールの誤送信対策には、「送信の一時保留」「暗号化」「フィルタリング(条件設定によるシステム制御)」など、複数のアプローチが存在する。NTTPCコミュニケーションズ(以下、NTTPC)では、提供するSaaS型のメールセキュリティ製品「Mail Luck!」に、添付ファイルの誤送信防止に特化した独自機能のほか、フィルタリング、アーカイブ機能を搭載。システムと人の手によるチェックで、人的ミスから引き起こされる誤送信を防止するアプローチを取っている。

 他社の誤送信対策製品と比較して特徴的なのが、添付ファイルに特化した誤送信防止機能を搭載している点だ。添付ファイル付きのメールを送信すると、添付ファイルを自動的に分離してサーバに格納し、受信者には本文とURLのみ即時送信する。添付ファイルはサーバに保管されており、受信者がダウンロードする際はファイルにひも付いた文書ID、パスワードが必要となる。

 受信者に本文とURLが送信されるタイミングで、送信者に確認依頼メールが配送される。送信者が、確認依頼メールに記載されたURLにアクセスし、あて先と添付ファイルの内容を目視で確認し、承認することで受信者に文書IDとパスワードを通知するメールが自動で配信される。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

「プログラマティック」とは何なのか――日本と米国の論点の違い
プログラマティックの分野で欧米と比べて出遅れている日本。なぜ日本ではなかなか進まな...

news004.jpg

第2回 データドリブンマーケティングの視点から見たマーケティングリサーチ
今回はマーケティングリサーチの役割と商品開発段階におけるアプローチ方法からデータド...

news004.jpg

第1回 CRMプロジェクトからの学びとCCO(Chief Customer Officer)の登場
CRMが日本に登場して約20年、企業は常に“成功事例”を模索しています。本連載では企業の...