2010年08月25日 08時30分 UPDATE
ニュース

NEWSポリコム、マイクロソフト「OCS」次期版に対応した多機能IP電話機を発表

IP電話機「Polycom CXシリーズ」に新製品3モデルを追加。マイクロソフトのUC製品「Office Communications Server」次期版をいち早くサポートしたのが特徴。

[TechTargetジャパン]

 ポリコムジャパンは8月24日、マイクロソフトの次期コミュニケーションサーバ「Microsoft Office Communications Server“14”(開発コード名)」(以下、OCS“14”)に対応するIP電話機/音声会議システムを発表した。

画像 Polycom CX600。カラーディスプレー、PoE(イーサネット給電)ポートを備える。USB接続したPCからのシングルサインオンやクリックtoコールが可能

 新たにリリースされるのは、デスクトップ用IP電話機「Polycom CX500」「Polycom CX600」およびIP音声会議システム「Polycom CX3000」の3機種。OCS“14”の利用に特化してデザインされ、プレゼンス、インスタントメッセージ、音声/ビデオ/Web会議などユニファイドコミュニケーションにおける機能連携を実現した。

 例えば、写真付きのコンタクト情報や着信したボイスメールを電話機ディスプレー上で一覧表示したり、表示されたカレンダー情報から直接会議に参加したりといったことが可能になる。また、電話機とOCS“14”上のPCクライアント間で通話ログを自動的に同期させて、ユーザーの検索時間を短縮することもできる。

 新製品の出荷時期は2010年第4四半期、価格はオープン。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

ソネット・メディア・ネットワークス、実店舗事業者に向け「Marketing Touch(β版)」を提供開始
ソネット・メディア・ネットワークスは、実店舗事業者に向けたマーケティングプラットフ...

news025.jpg

2018年の還暦人(かんれきびと)の価値観、赤いちゃんちゃんこは7割が「遠慮したい」――PGF生命調べ
人生100年時代に還暦(満60歳)を迎える人々の価値観とはどのようなものでしょうか。

news122.jpg

ブロックチェーン技術をマーケティングキャンペーンに活用――キャセイパシフィックグループとアクセンチュア
キャセイパシフィックグループは、アクセンチュアと協力してブロックチェーン技術を活用...