2010年11月18日 08時00分 UPDATE
特集/連載

技術者の論理的な声を弁護士や経営者に届けようクラウドコンピューティングに対する法的不安を取り除くには

「雲の中のコンピューティング」は未知の法的危険に対する不安に満ちている。そうした不安と技術的理解の欠如が組み合わされば、クラウド導入計画が頓挫しかねない。

[Julie Tower-Pierce,TechTarget]

 弁護士たちの間でクラウドコンピューティングが話題になっている。社外データストレージとサービスはとても新しい概念とは言い難いが(SkypeやYahoo! Mailを考えてみるといい)、昔からずっと遅れて技術を追い掛けてきた法律の目は、「クラウドコンピューティング」、つまりSaaS(Software as a Service:サービスとしてのソフトウェア)、IaaS(Infrastructure as a Service:サービスとしてのインフラ)、PaaS(Platform as a Service:サービスとしてのプラットフォーム)といった分散型のオンラインサービスにくぎ付けになっている。

 企業がコスト削減に目を向け、サービスと膨大なストレージ/データバックアップを柔軟かつ便利に利用できる選択肢に目を向ける中、クラウドコンピューティングへの関心が急上昇するのは納得できる。しかし「雲(クラウド)の中のコンピューティング」は、法的神秘、つまり未知の不確実な法的危険に対する不安に満ちている。

 クラウドコンピューティングの仕組みについて技術面と実用面を理解し、クラウドへの移行が顧客と企業にどんな法的影響を与えるかを理解しても、それはクラウドコンピューティングにまつわる法的な不安のほんの一端でしかない。結局のところ、無知が致命的になるかもしれず、少なくとも会社にとって深刻なリスクをもたらしかねない。こうした技術的理解の欠如と、プライバシー不安やクラウドにおける米国憲法修正第4条(合理性のない捜索や押収を憲法で禁止する措置)の有効性、知られざる政府介入、第三者によるアクセス、国際主権、セキュリティ、証拠収集とeディスカバリー(電子証拠開示)、災害復旧、確立された法的前例(判例)が存在しないことなどにまつわる数々の不安とが組み合わされば、例えば会社としてのGoogle Apps採用などクラウド導入に向けた技術計画や最善の情報セキュリティでさえも頓挫しかねない。

関連記事

国内企業のクラウドコンピューティングに関する懸念については以下の記事も参照してほしい。

調査結果から見る中堅・中小企業のクラウドセキュリティに対する懸念

期待と不安は雲のよう? セキュリティから見たクラウドとの付き合い方


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...