2010年10月26日 08時00分 公開
特集/連載

クラウドで見直す自社のセキュリティ 〜ベンダー側の視点から〜クラウドのセキュリティを考える【第2回】

クラウドという新プラットフォーム上でどのようなセキュリティを提供してくのか。新市場のパイをめぐりベンダー各社の攻防戦が激化している。今回はマカフィーが考えるクラウドセキュリティと製品を紹介する。

[谷崎朋子]

検討しやすいSaaS型も導入に課題あり

 クラウドベースのSaaS(Software as a Service)型セキュリティサービスへの関心は、ここ数年でより一層強まっている。さまざまな場面で顧客からクラウドというキーワードが出されるようになった――マカフィー ハイタッチSE担当の桐谷彰一氏はそう実感を話す。

 運用負荷の軽減やコスト削減効果を期待し、クラウドの活用を考える企業は多い。中でも、ウイルス対策はハードウェアの更新や買い換え費用、メンテナンスやパッチ適用などのコストが目に見えてなくなることから、SaaS型は積極的に検討される。「現行のセキュリティアプライアンスをクラウドに移行しても、機能的な目減りがないのも理由だ」(桐谷氏)

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...

news032.jpg

Amazonの「ブランド広告力」が調査で判明、GoogleとFacebookを圧倒する理由は?
大手ECサイトの広告媒体としての価値がますます高まっている。リテールメディアへの広告...