2010年12月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

IT部門はなぜクラウド導入を「時期尚早」と考えるのかWindows環境の管理者はクラウドに及び腰──興味はあるがまずは調査

Microsoftはパートナー企業とともに「Hyper-V Cloud」を発表し、企業によるプライベートクラウド導入を促進しようとしている。だが、多くのIT管理者が時期尚早と考えているようだ。

[Margie Semilof,TechTarget]

 米Microsoftはパートナーと連携し、プライベートクラウドの構築に必要なシステム要素をテスト・検証済みのさまざまな構成で提供する取り組みなどの包括的なプログラムを実施することで、保守的な顧客企業にクラウドコンピューティングの導入を促したいと考えている。

 この「Hyper-V Cloud」プログラムは、2010年11月にドイツのベルリンで開催されたMicrosoftのTechEd Europe 2010カンファレンスで発表された。このプログラムでの同社のパートナーには米Dell、米Hewlett-Packard(HP)、米IBM富士通日立NECなどが名を連ねている。Hyper-V Cloudプログラムは、プライベートクラウド用のサーバストレージ、ネットワーク機器や各種ソフトウェアを、検証済みのさまざまな構成で提供する取り組みや、既存システムを活用したプライベートクラウド構築のためのツールや技術情報を提供するプログラムなどを通じて、平均的な企業IT部門がプライベートクラウドを容易に構築することを可能にする。

 だが、Hyper-V Cloudによってプライベートクラウドが構築しやすくなるかどうかにかかわらず、Windows環境を利用する企業の大半では、ITマネジャーは現状に手を加えたがらない。こうしたITマネジャーは、クラウドコンピューティングやSaaS(Software as a Service)モデルに関心はあるが、「現在のオンプレミス(自社運用)型コンピューティング環境に代わる信頼できる環境を構築するための要素を、ベンダーはまだ網羅していない」という認識が根強い。

 多くのIT担当者は、現在のクラウドの選択肢では、当局の規制に対応できないと確信しているほか、これらの選択肢におけるデータの管理方法に不安を感じている。また、現在の製品は複雑だという印象も持っている。しかし、恐らく彼らにとって最悪なのは、クラウドの導入に伴って誰かが職を失う恐れがあることだろう。ITアーキテクトは無事かもしれないが、定型的な管理作業を担当するIT管理者は万事休すかもしれない。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...