2010年12月24日 12時45分 UPDATE
特集/連載

サーバ仮想化におけるライセンスの選択【第2回】サーバ仮想化の導入形態で見る、仮想化ソフトウェアの機能とライセンス

各仮想化ソフトウェアの機能を明確化し、ライセンスとコストを考える上でのポイントを整理する。

[西川 麗,電通国際情報サービス]

 仮想化ソフトウェアは、ハイパーバイザーや周辺製品群により利用できる機能が異なる。また、それに合わせて必要なライセンスの価格も変化する。前回の「サーバ仮想化導入の前に検討すべきこと 〜複雑化するライセンスを理解する」を踏まえ、本稿では仮想化ソフトウェアごとに実装されている機能を明確化し、ライセンスコストを考える上でのポイントを整理する。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | 仮想化 | サーバ | VMware | Hyper-V | x86


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

グランドデザインの「Gotcha!mall」がDMA国際エコー賞を受賞
グランドデザインは、同社のスマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall...

news088.jpg

コムニコマーケティングスイート、Instagramアカウント分析機能を拡張
コムニコは、ソーシャルメディア運営支援ツール「コムニコマーケティングスイート」のIns...

news034.jpg

Salesforce Pardot、「日本語化」だけではない重要な強化ポイントとは?
本稿では「Salesforce World Tour Tokyo 2017」におけるセッション「生まれ変わったPardo...