2011年04月19日 16時30分 UPDATE
ニュース

NEWSBSP、Force.com上で活用するITサービス管理サービスを提供

ITIL v3で定義されているITサービス管理機能を、セールスフォースのクラウド基盤上で利用するサービス「LMIS on cloud」を提供する。

[TechTargetジャパン]

 ビーエスピー(以下、BSP)は4月18日、ITサービス管理サービス「LMIS on cloud」を販売開始した。LMIS on cloudは、BSPのITサービス管理ソフトウェア「LMIS」をベースにしたSaaS(Software as a Service)。LMISは、ITIL(Information Technology Infrastructure Library)プロセスに基づき、ITサービスの関連情報を構成管理システム(CMS)で一元管理するソフトウェアだ。システム開発からテスト、本番環境の切り替えまでの各フェーズの情報を有効活用し、ITシステムの全体最適と高品質なITサービスの実現を支援する。

photo LMIS on cloudシステム概要図

 LMIS on cloudは、セールスフォース・ドットコム(以下、セールスフォース)が提供するクラウド型のビジネスアプリケーションプラットフォーム「Force.com」上で、サービスデスク機能を中心としたITサービスの管理機能を提供する。ITIL v3で定義されている「イベント管理」「インシデント管理」「問題管理」「変更管理」「リリース管理」「構成管理」などの機能を利用できる。また、電子メールや他の運用ツールとの連携、セールスフォースが提供するコミュニケーションツール「Salesforce Chatter」を活用した情報共有なども可能。

 LMIS on cloudの提供価格は、初期登録費用が30万円、月額利用金額が10万円から(サポート費用を含んだ上限25ライセンスまでの場合、いずれも税別)。BSPでは、サービス管理として十分な機能と柔軟性、堅牢性を備え、サーバ構築やサイジングなども不要、迅速に導入できるとしている。また、月額料金制 にすることで初期費用や運用コストを抑えられ、中堅・中小規模の企業の新規導入などにも適しているという。

ITmedia マーケティング新着記事

news149.jpg

ファッションサブスクリプションの「メチャカリ」、チームラボ開発のAIチャットbotを導入
ストライプインターナショナルは、ファッションサブスクリプションサービス「メチャカリ...

news125.jpg

日本型ユニコーン企業を目指す「ハイブリッドスタートアップ」という考え方
日本の未来を開くスタートアップのエコシステムとはどのようなものか。

news093.jpg

コンプライアンス対策、「何もしていない」企業がいまだに半数近く――共同ピーアール
働く人の「コンプライアンスと内部告発」に関する意識調査です。