2011年04月20日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ソフトウェアによるストレージ仮想化のメリットとは?ハードウェアに依存しないストレージ仮想化を実現する「SANsymphony-V」

要件が高度化しているストレージ。その対応策としてストレージ仮想化が注目されている。本稿では、ストレージ仮想化を実現するソフトウェア「SANsymphony-V」の概要を紹介する。

[唐沢正和]

 リソースの効率化やコスト削減を目的とした「サーバ仮想化」導入が本格化し、次のステップとして「デスクトップ仮想化」導入の動きも進んでいる。そうした仮想化技術を活用する領域として、現在注目が集まっているのが「ストレージ仮想化」だ。

photo データコアの手塚氏

 データコア・ソフトウェア(以下、データコア)副社長の手塚弘章氏は「仮想環境の導入が拡大するに伴い、ストレージに対する要件は高度化している。変化するインフラへの迅速な対応や無停止・長期間運用、投資の最適化など、より柔軟性が求められてきた」とストレージに対する市場ニーズを説明する。その上で「そうしたニーズに対応するため、従来の物理ストレージだけではなく、ストレージ仮想化の導入を検討する企業が増えている」と語る。

 しかし、ストレージ仮想化は「導入コストが高額」「専門知識がないと運用が難しい」「導入効果が分かりにくい」などの理由から、実際の導入にまで踏み切れていない企業が多いのも現状だ。TechTargetジャパンが2010年11月に実施した読者調査でも、ストレージ仮想化を導入している企業は2割にとどまっている。

 手塚氏は「現在、主流となっているハードウェアベースのストレージ仮想化では、リソースやボリュームの管理、製品仕様など全てが専用ハードウェア上のストレージコントローラーに依存しているため、システムの柔軟性や拡張性の面で課題がある」と指摘する。

 データコアは2011年2月、ストレージ仮想化ソフトウェアの最新バージョン「SANsymphony-V」を発表した。手塚氏は「ハードウェアの仕様やライフサイクルに依存しない真のオープン環境で、ストレージコントローラーの壁を越えた柔軟なボリューム、リソース管理を実現できる」と、そのメリットを強調する。本稿では、SANsymphony-Vの機能の特徴を紹介するとともに、ストレージ仮想化を支援するソフトウェアの導入メリットを考えてみる。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

LINEと博報堂DYデジタル、「LINE」上での広告効果測定の精緻化を図る共同プロジェクトを開始
LINEは、同社の広告サービスにおいて、効果測定の精緻化を図るプロジェクトを博報堂DYと...

news056.jpg

SSP「fluct」、Bulbitの全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」と連携開始
fluctは、SSP「fluct」がBulbitのモバイルアプリ向け全自動マーケティングプラットフォー...

news024.png

「All About」、記事型ネイティブ広告にIASのアドベリフィケーションツールを正式導入
オールアバウトは、総合情報サイト「All About」で販売および配信する記事型ネイティブ広...